夢はでっかく描け!


こんばんは、滋野一義です。


今、夢を持っていますか?



あなたは寝ると、夢をみますよね。

毎日ではないにしても、
少なくても年に数回は夢をみます。

ごくまれに、
まったく夢をみない人もいます。

夢をみない人は、
起きた時に夢を覚えていないだけで、
実は夢をみているんです。




今日お伝えしたいのは、
寝ている時にみる夢ではなく、
起きている時にみる夢です。

「ああしたいな」とか、
「こうなりたいな」という、
あなたの未来の姿と環境の絵図です。

例えば今の給料に不満があるなら、
5年後には年収1千万円になりたいと、
未来予想図を描くべきです。

あなたなら、
どんな夢を描きますか?




何のしがらみもなければ、
幼稚園児のお絵かきのように、
自由に夢を描けるでしょう。

しかし今のあなたは、
色んなしがらみによって、
がんじがらめに拘束されているはず。

お金の制限がなかったら、、、
自由にすべて決められたら、、、
etc、、、

自由な発想を邪魔する、
手かせ足かせがあるので、
120%満足する夢が描けません。




今の若者はもっと深刻で、
生まれる前にバブルが弾けたので、
景気が低迷している時に育ちました。

親は給料が増えないし、
サービス残業ばかりになって、
節約しないと生活ができない。

そんな家庭環境で、
今の若者たちは育ったのです。

生まれながらにして、
お金がないのが当たり前なので、
夢をみることを知りません。




あなたからしがらみを取り去るには、
鳥の気持ちになることが、
一番手っ取り早いでしょう。

鳥のように大空を自由に飛べたら、
どんなに気持ち良いか、
想像してください。

大空から地上をみれば、
人間は小石よりも小さくみえます。

人間がちっぽけな存在に思えて、
人間関係のトラブルが馬鹿らしく
なってきます。




その他の悩みも、
空を飛ぶ気持ち良さによって、
すべて馬鹿馬鹿しくなります。


このレベルまで来ないと、
あなたはしがらみに邪魔されて、
自由な発想ができないのです。


拘束するものが何もなければ、
今まで考えないような発想までが、
間欠泉のように一気に吹き出します。


くだらない夢から価値ある夢まで、
ダムが決壊したように、
夢が頭の中を駆け巡ります。




頭の中にあふれた夢の中から、
あなたが一番望む夢だけを選んで、
実行に移せば良いんです。


夢として未来を描く習慣を、
身に付けるようにしてください。


どうしても現実的になるなら、
考え方を切り替えてみましょう。


どうせ夢なんですから、
未来の総理になる夢をみても、
誰にも迷惑をかけません。




夢は現実になるまで、
夢は夢のままです。


火星に旅行したいと夢みても、
夢を誰にも話さなければ、
反対する人は現れません。


人前で夢を語ってしまうから、
いろんな横やりが入って、
夢の実現を邪魔されます。


どうしても実現したい夢は、
誰にも喋ってはいけないのです。




もしもあなたが、
職場の女性とお付き合いしていたら、
同僚に喋らないでしょう。


さらに同僚に交際がバレないように、
隠れてお付き合いするはずです。


交際が同僚にバレると、
邪魔されて破局することが、
無意識の中で分かっているからです。


真剣に結婚を考えていれば、
同僚には最後まで隠し通すでしょう。




夢がどんな内容だとしても、
あなたが思い描くことを、
誰も止める権利はありません。


周りのみんなを幸せにする夢なら、
自然と協力してもらえます。


もしもみんなを不幸にする夢なら、
私を含めて周りが全力で、
夢を阻止します。


どうせとっぴな夢なら、
みんなを幸せにできる夢にする
べきです。





今の日本は低迷しているので、
息苦しく感じませんか?



私も息苦しく感じるので、
もっと日本が良くなるような、
とっぴな夢を描いています。



トップダウンでは、
日本は復活できないから、
底辺から日本を押し上げるのです。



底辺にいる私を含めた人々が、
20%ずつ豊かになれば、
日本の経済を20%押し上げます。





世の中には成功した者が、
大勢います。



その人たちは、
今の成功を夢みていたから、
努力して成功できたのです。



成功した未来の輝かしい姿を、
あなたは夢みていますか?



未来はあなたが創るものなので、
どでかい夢を描いて、
周りのみんなを幸せにしましょう。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたがどでかい夢を描けるように、
私も応援します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です