私ならこういう風に解釈するね!

こんばんは、滋野一義です。

テレ朝系で放送してる
「信長のシェフ Season2」を
ご存じですか?

成功したいサラリーマンが、
見習うべき処世術が詰まってます。

ストーリーを簡単に説明すると、
フレンチシェフのケンが
戦国時代にタイムスリップします。

織田信長の料理人となって、
料理を武器として活躍する
ストーリーになります。


信長から、政治的な問題を
料理を使って解決しろと指令が
だされます。

あるときは、
対立する武将を味方に
引き入れろと言われたり、
和睦を成功されろと
無理難題を出されるんです。


まるで、上司の無理難題の
ミッションを押し付けられた
部下そのものです。

このとき、ケンはどうように
対処したのでしょうか。


信長の指令に対して、
「信長の本心とは何なのか?」を
ケンがずっと考え続けます。

信長の本心を察した上で、
自分のもてる能力を
どのように使って達成するかを
導き出します。


サラリーマンの世界でも、
間違ってると思っても
グッと堪えなければならない
ときがあります。

それでも、上司のために
ミッションをクリアできれば、
上司から厚い信頼が得られます。


デキる上司は、
あなたよりも視点を高くして
業界内を見ています。

間違ってると思ってたことが、
ミッションをクリアしてみたら
実は正しかったなんてことは
ざらにあります。

信長の厚い信頼を得たケンは、
武田信玄から命を狙われます。

しかし、生き残りたいケンは、
信玄に対しても料理を使って
窮地を脱します。


さらに、信玄にも気に入られて
料理人に召し抱えられるんです。

ここまでが、
昨日までのストーリーでした。

現代のサラリーマンは、
ケンの生き様を見習えば
ケンのように成功を掴んでいく
はずです。

ケンのように、
自分のストロングポイントで
勝負しましょう。


上司の本心を察しながら
ミッションをクリアできれば、
会社の内外でも引く手あまたの
スーパーサラリーマンになれます。


たかが娯楽番組と
バカにすることなかれ。

見習うべきことをちゃんと見習える
謙虚な心を持つことも成功の
秘訣です。

私はこのようにして
「信長のシェフ」を見てます。

あなたなら、どのような解釈を
しながら見ますか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です