灼熱の車内を涼しくする方法

こんばんは、滋野一義です。

ジメジメした梅雨が明けて本格的な
夏が来ました。

今日は趣向を変えて、
夏限定の話題を提供します。

天気のいい午後、
外に止めてる車の内は
ハンドルが熱くて触れないときが
ありませんか。

車内は外よりも高温になっており、
すべての窓を全開にしないと
暑さで死にそうになります。


こんなとき、
あなたならどうやって
車内の温度を下げますか?

実物を見たことないですが、
一瞬で車内の温度を下げる
スプレーが売られてるようです。


しかし、50℃以上にもなる
車内にスプレー缶を放置すると、
スプレー缶の中のガスが
膨張して破裂することがあります。

破裂を恐れてスプレー缶を
持ち歩くなんて、
邪魔になるのが想像できるので
やりたくないですよね。


では、どうすれば良いんでしょうか。

私が実践してる方法は、
まったくお金がかかりません。

この方法とは、
助手席の窓を全開にして
運転席のドアを5、6回開け閉め
するだけです。

これを行うと、
車内と外の空気が入れ替わるので
外の気温くらいまで下がるんです。


この方法で注意して欲しいことが
あります。

ドアを開け閉めするときに、
力いっぱい行うと
故障の原因になるので
やめてください。

走行中も日差しが当たると、
車内の温度がどんどん上昇します。

こんなときは、運転席の窓と
助手席側の後部座席の窓の2箇所を
開けましょう。


この2箇所が風の出入口になって、
運転席を通って風が流れます。

風の流れによって運転席の温度が
素早く下がるんです。

窓を閉め切ってクーラーを
ガンガン効かせると、
涼しくなる反面
燃費が非常に悪くなります。

ガソリンの価格が高騰してる今、
お金がかからない方法で
暑さ対策してみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です