サンダーバード・ア・ゴー

こんばんは、滋野一義です。

自由なアイデアで、
未来を切り開きましょう。

今日は3月11日です。

5年前には、
東日本大震災がありました。

5年の節目なので、
各テレビ局が特集しています。

2020年の東京五輪にかくれて、
復興が大幅に遅れています。

喉元過ぎれば何とやらで、
人間は辛い記憶をすぐに忘れます。

過去におきた大津波を忘れて、
海岸近くにたくさんの家を、
建てたのです。

祖先の教訓を無視したばかりに、
大きな被害になりました。

同じ過ちを繰り返さないためにも、
震災の教訓を忘れてはいけません。

しかし5年前の震災は、
過去におきた大津波に対して、
比べものにならないでしょう。

何が比べものにならないかと言えば、
かなりの映像が残っている点です。

過去におこった大津波の記録は、
写真や文章で残っています。

写真と文章が与えるインパクトは、
映像よりもかなり弱くなります。

インパクトの強い映像は、
当時の酷すぎる記憶を、
鮮明に呼び覚ますでしょう。

5年前の震災のときに、
テレビが衝撃映像をリピートして
いました。

この映像を一日中みせられて、
体調をおかしくした人が、
各地で続出しました。

それだけ映像には、
強いインパクトを与える力が
あります。

被災地の復興はとても大事ですが、
震災の生々しい映像を流すのは、
これから控えた方がいいでしょう。

それよりも復興の遅れに対して、
大いに警鐘を鳴らすべきです。

私はネガティブな事が、
大嫌いです。

もっと未来を見据えて、
新しい提案をしてみませんか?

私が提案したいのは、
「インターナショナルレスキュー」の
日本版をつくりたいのです。

インターナショナルレスキューとは、
あの「サンダーバード」に登場する
秘密組織です。

個人でつくるには、
ビル・ゲイツでも無理でしょう。

日本が発起人になって、
世界に呼びかけて資金を集めます。

日本は軍隊をもってはいけないし、
戦争を仕掛けてもいけないと、
憲法に書かれています。

自衛隊を海外派遣するだけでも、
国会で大問題になります。

しかし海外で災害が発生したら、
救助隊を派遣することは、
国会でも問題になりません。

日本が旗振り役になって、
世界でおこった災害に、
すべて出動するのです。

もともと自衛隊は、
災害時にも活躍しています。

それならいっその事、
業務を国際救助に特化させて、
国防費をまわすのです。

自衛隊をなくして、
世界で活躍できる救助隊にします。

世界から認められたら、
東アジアの国々は、
文句を言わないでしょう。

自衛隊がなくなっても、
私は大丈夫だと考えています。

国際救助隊が活躍してくれたら、
世界から感謝されます。

そんな日本に対して、
ある国が武力で攻めてきたら、
世界中から非難を浴びるでしょう。

世界を敵にまわして、
日本に攻めてくる国があるとは、
到底思えません。

日本を外敵から守るには、
この方法もありかなと、
私は考えます。

「力には力」だと、
考えることが一般的ですが、
こんな奇抜な方法もあります。

あなたの頭を柔軟にして、
奇想天外なアイデアでも構いません。

イメージすることに、
大きな意義があります。

人間は歳を重ねるにしたがって、
空想することをやめてしまいます。

「もっと現実を直視して、
地道に生きろ!」というサイン
でしょう。

しかし今のあなたは、
現実だけ見ても、
上手くいっていないはずです。

あなたの人生に問題なければ、
ここまで悩む必要がないのです。

大人になって現実だけみても、
上手くいってないなら、、、

子供のころを思い出して、
柔軟なイメージをたくさん描いて
みましょう。

描いたイメージの中に、
今の窮地を打開するヒントが、
きっとあります。

柔軟なイメージによって、
今までの既成概念を打ちくだき、
新しいあなたを手に入れましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

あなたのイメージを実現させるため、
私が軍資金をお渡しします。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。

こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください