テレビに騙されるな!

こんばんは、滋野一義です。

あなたは、
テレビでCMを毎日見てるでしょう。

テレビで普通に流れてるCMが、
あなたを洗脳している事実をご存知
でしたか?

NHKを除く民放各局では、
いくつものCMが定期的に流されます。
                 
民放各局は、
視聴料金を国民に請求しない代わりに
CMを流すことでスポンサー料を
企業からもらって番組製作を
おこなってます。

テレビ番組の内容が悪かったり、
視聴率が低すぎるとスポンサー料を
払ってる企業からクレームがきます。

視聴率が悪いと、
せっかくCMを流しても
見てくれる人が少ないので
企業の売上に響くからです。

民放各局では、
大事な資金源のスポンサー様に
向いて番組を制作することが
しばしばあるんです。

大ぴらには言いませんが、
大口スポンサー企業の悪口は
各局内ではタブー視されてます。

話をCMに戻します。

あなたもアコムやアイフルなどの
消費者金融と呼ばれる企業のCMを
見たことがあるでしょう。


あなたは、
消費者金融各社のCMを見て
どのように感じますか?

・親しみを感じる
・清々しい気分になる
・好感をもてる

などと感じませんか?

これは完全に、
CM制作会社の意図通りの
感想になります。

有名俳優や人気お笑い芸人たちを
起用してるのも、
タレントのブランド力を全面に
押し出すためです。


明るく楽しい企業であるという
イメージをあなたに植え付けて
いるんです。

そして、
お金が急に必要になったら
その企業から借りるように
仕向けています。

お金を借りるという意識の
敷居を低くして、
多くの人に気軽にお金を借りて
もらえるように誘導してます。

消費者金融からお金を借りる行為は、
別の言葉でいうと「借金」です。


借金というイメージは、
「ちょっと待てよ!」というように
二の足を踏むはずです。

それをCMによって、
ダークなイメージから
クリーンなイメージに
あなたの意識を書き換えてるんです。

結局は、
借金することに何ら変わりは
ありません。

期限内に返済できなければ、
電話によって返済の催促が
毎日あります。


それでも返済できないと、
会社や自宅まで催促にきます。

本当は怖い企業なんです。

CMによって安易にお金を借りて
返済できなくなると本当に怖い
思いをします。

日頃から、
「CMでクリーン・キャンペーンを
やってるな。」と分かっていると
CMによる洗脳を回避できます。


CMの洗脳から解き放たれるために、
その裏側にある企業の思惑を
常に考える癖を付ければ
鬼に金棒になります。

あなたの自由を奪うものは、
すべてシャットアウトしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です