これ、何に見えますか?

こんばんは、滋野一義です。

畑違いの視点が加わると、
見えている世界が一変します。

先日、
ある記事が目に止まりました。

ホリエモンがJリーグと、
アドバイザー契約を結んだのです。


サッカーと無縁なホリエモンが、
“どうして??”と思いませんか?

実は以前から、
Jリーグの盛り上げる方法を、
ネットを通じて提言していました。

ホリエモンとは、
堀江貴文さんの愛称だと、
あなたは知っていますよね。

元ライブドア社長で、
プロ野球球団やニッポン放送を、
買収しようとしました。


粉飾決算で有罪となり、
留置所に入ったこともあります。

ちなみに、
アプリ“755”の名前の由来は、
ホリエモンが留置所で付けられた
番号です。


Jリーグと契約した人は、
ホリエモンの他に4人います。

発足当時から、
“100年構想”という理念が、
Jリーグにはあります。


Jリーグが一過性で終わることなく、
スポーツ文化として根付かせたい。

さらに、
100年続けていけるように、
基盤づくりも考えています。


日本代表戦は人気がありますが、
今のJリーグは頭打ちで、
伸び悩んでいます。


サッカー関係者だけで、
意見を出し合っても、
起死回生の意見がでません。


そこで、
いろんな分野の有識者を集めて、
意見を聞くのです。


サッカーを知らいない有識者は、
サッカー関係者から見ると、
“何だそれ?”と言うような意見を
平気で出します。


“何だそれ?”という意見が、
とても重要なんです。


サッカー関係者は、
“サッカーとは、こういうもの!”
という固定観念が、
一般常識化しています。


固定観念を持った人たちから、
新しい未来を切り開く決め手を、
出せるはずがないのです。


学問でも同じで、
アメリカの大学では、
異民族や特殊能力を持つ人たちを、
ある一定枠で入学させます。


ハーバード大学も例外ではなく、
学問に秀でた人ばかりでは
ないのです。


いろんな人材が集まるから、
あらゆる視点から意見が出ます。


今まで気付かなかったことに、
誰かが指摘してくれるので、
大きな成果を上げられるのです。


ビジネスでも同じで、
頭脳明晰な人材ばかりでは、
企業は近い将来傾くでしょう。

肉体労働が得意な人も必要ですし、
コミュニケーションが得意な人も
必要です。

管理職ばかりいても、
仕事は進みません。

職場には、
いろんな能力を持つ人がいるから、
仕事が円滑に流れていきます。


自分の能力に自信がなくても、
あなたの能力を必要とする職場が、
必ずどこかにあります。

あなたの近くになければ、
自分で起業して、
職場を作ればいいのです。

冗談で言った意見が、
上司に採用されて、
ゴーサインが出ることもあります。

的外れだと考えずに、
どんどん自分の意見を出して、
みんなの反応をみましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの成功を願いつつ、
メルマガを毎日配信しています。

ご希望の方は、
こちらをクリックしてから、
ご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です