なんて最悪な日なんだ!


こんばんは、滋野一義です。


あなたならこれを、
どのように捉えますか?

今年もあと5日弱で終わります。

そんな今日、
ある事件が私を襲いました。

それは、、、

車が故障したのです。

コンビニ帰りに、
その事件は起きました。

突然あるマークが、
点灯したのです。

私が乗っている車は、
トヨタのプリウスです。

サラリーマン時代に中古で購入した、
2代目プリウスになります。

購入当時から、
走行距離が7万キロを超えていたので、
とても安く購入できました。

2009年の秋から乗っていますが、
まだ14万キロしか走っていません。

そのプリウスが、
自宅近くに来た時に、
異常を知らせたのです。

故障マークが点灯して、
“すぐに車を止めてください。”と、
表示が目に入ってきました。

自宅までなんとかたどり着いて、
車を止めました。

エンジンを一旦切って、
再度エンジンを始動すれば、
故障マークが消えると考えたのです。

しかし何回か挑戦しましたが、
エンジンは始動しませんでした。

もう12月27日の日曜日です。

トヨタのお店に、
どうやって運ぼうかと悩みました。

トヨタのお店は月曜休みです。

火曜日まで待つのかと、
落胆しながらトヨタのお店に、
電話してみました。

電話してみると、
“今日で仕事納め”だと言うんです。

さらに、
“1月3日まで休み”と聞いて、
目の前が真っ暗になりました。

動かない車を年末年始の間、
自宅に放置してもしょうがないと
考えたのです。

そこでJAFを呼んで、
トヨタのお店まで運んでもらった
のです。

私も最初は、
目の前が暗くなりました。

あなたなら、
どのように考えますか?

年末年始に車がなく、
修理が必要になるから、
さらに時間がかかります。

車の修理が終わるまで、
車のない生活を送ることに
なります。

私のように田舎に住んでいると、
車がないと買い物にも行けません。

不自由でしょうがないのです。

なんてツイていなんだろうと、
運の無さを嘆くことでしょう。

これが、
一般的な人の思考です。


最初に悲観した私ですが、
トヨタのお店と連絡をとりながら、
考え方が変わりました。

“これはラッキーかも?”と、
思えるようになったのです。

まず最初は、
トヨタのお店の仕事納めの日に、
車を預ける事ができたことです。

火曜日まで待って連絡していたら、
お店が休みに入っていたことに、
運の無さを痛感していたでしょう。

私の車が無くても、
親の軽トラがあります。

軽トラの運転に慣れていませんが、
買い物くらいなら、
いつでもいけるのです。

動かない車を、
ずっと眺めていると、
気が滅入ってきます。

しかしお店に預けたので、
前に進んでいると思えます。


このような条件を加味して、
私は前向きに捉えることができ、
“ラッキーだった”と思えたのです。


どんなに崖っ淵に立たされても、
細い抜け道を見つけたのです。


これって、
スゴくないですか?


自分ながら超ポジティブ思考だと、
感心してしまいます。


モノは考えようです。


情報がまったく無いと、
真っ暗闇のなかを手探りで歩く
ようなものです。


正しい状況判断するには、
今起きている情報を、
いち早く集めることが大事です。


集めた情報をフル活用して、
ベストな選択をおこなっていけば、
あなたに怖いものはありません。


未来が見えないから、
今の日本では不安が広がります。


それでもいろんな情報を収集して、
あなた自身で取捨選択すれば、
おぼろげながら未来が見えます。


そうなれば、
打つべき手も分かるので、
間髪入れずに行動に移しましょう。

これを繰り返すことで、
烏合の衆から抜けだして、
あなたは成功できるのです。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたがポジティブになれるように、
メルマガを毎日配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です