ウソが人類を進化させる


こんばんは、滋野一義です。


ウソも方便で、
幸せをばら撒きましょう。

ごく稀に、
虚言癖の人がいます。

意識しないでも、
ウソをつく人のことです。

イソップ童話の“オオカミ少年”が、
特に有名です。

羊飼いの少年が村人に対して、
“オオカミが出た!”と、
毎回ウソをついていました。

それを聞いた村人は、
羊を守るために武器を持って、
オオカミ退治に向かいます。

村人の慌てふためく姿を見て、
少年は腹を抱えて笑って楽しんで
いたのです。

何回もダマされ続けると、
村人も慣れてきます。

あるとき少年は、
本物のオオカミを見つけました。

“本当にオオカミが出た!”と、
真剣に注意喚起したのです。

しかし村人たちは、
いつものウソだと考えて、
少年の言葉を信じませんでした。

オオカミによって、
村の羊をすべて食べられた
というストーリーです。

このように、
人をダマしてやろうと言う、
悪意のあるウソは許されません。

ウソをついた人も聞いた人も、
両方とも不幸にします。

どちらも良いこと無いなら、
ウソを言ってはいけなのです。

しかし仏教には、
“ウソも方便”という言葉が
あります。

“ウソも方便”とは、
時と場合によってウソをついても、
許されるという意味です。

それではどのような時に、
“ウソも方便”になる
のでしょうか?

例えば、
“あなたなら絶対にデキる!”と、
励ます場面を見てみましょう。

これからチャレンジするあなたは、
今まで何も実績を残していません。

そんな状態で、
一世一代の大勝負に望むのです。

まわりの同僚からは、
“デキるのか?”と、
不安視する人の方が多くいます。

そんな仲間の中に、
あなたの可能性を信じる、
ポジティブな友人がいたのです。

ポジティブ思考の友人は、
“絶対にデキる!”と、
励まし続けたのです。

まわりから見ると、
この友人の言葉は、
ウソを言っているとしか
思えないのです。


友人の励ましを真に受けたあなたは、
死ぬ気で全勢力を傾けて、
取り組みました。

その結果、
まわりの予想を覆して、
挑戦を成功させたのです。


友人の励ましは、
あなたの過去の実績からすれば、
ウソをついていることになります。

“あなたならデキる!”という、
何の根拠もない励ましです。

しかしその励ましのお陰で、
あなたは大きな挑戦を成功させる
ことができたのです。

友人のウソをついた励ましが、
あなたの潜在能力を引き出した
格好になります。


友人のウソが成功に導いたので、
あなたは幸せになったとも
言えるでしょう。

“ウソも方便”とは、
相手を幸せにするウソなら、
仏さまも許してくれるのです。

今回のケースは、
あなただけが幸せになったのでは
ありません。

ウソの励ましをした友人も、
あなたが結果を出してくれたので、
友人も幸せになったと思いませんか?


1つのウソによって、
双方が幸せになるなら、
どんなウソでも許されるでしょう。


これこそ、
Win-Winの関係です。


ウソをつくと、
閻魔さまに舌を抜かれると
言います。


しかし、
不幸になる人がいなければ、
ついたウソも方便になるのです。


ビジネスでも人生でも、
目標達成するために、
大きなウソをつきます。


目標設定する時に、
現状よりも後退したところに、
設定する人は誰もいません。


当然実力以上のところに、
目標を設定するでしょう。


これが、
誰でもウソをつくという根拠です。


高い目標を設定しても、
目標さえ達成できれば、
神さま仏さまでも文句を言いません。


みんなが幸せになれるなら、
ウソを大いに活用しましょう。


自分に勇気を与えるなら、
“私は世界一だ!”と、
ウソをついてもいいのです。


誰も不幸にさせないのなら、
幸せになることを前提に、
大いにウソをつきまくりましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


ウソをついても現実になれば、
誰も文句を言いません。

夢を実現するためのヒントを、
このメルマガで配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です