誰も好奇心は止められない


こんばんは、滋野一義です。


ワクワク!ドキドキ!が、
止まらなくなったらどうしますか?



私事ですが、
数日前からある変化が起きています。

それは、、、

私の頭の中で、
ワクワク!ドキドキ!が、、、、

どうしても止まらないのです。




事の発端といえば、
今年の暑い夏が関係しています。

9月に入っても、
昼間に30℃を超えるので、
事務所は蒸し風呂のようです。

長野県ということもあり、
湿気がなくからっと暑いのが特徴で、
昔の夏は快適に過ごせました。

扇風機さえあれば、
エアコンは必要ないので、
自宅にエアコンはありません。




しかし近年では、
地球温暖化が進んだせいなのか、
暑くて事務所にいられません。

来年あたり、
エアコンを買おうか悩んでいます。

事務所として使っている部屋は、
東と南に窓があるので、
日当たりが良すぎます。

午前中から室温が上がりはじめ、
午後3時ごろまで室温が高くて、
汗をかく日々です。




あまりに暑い時は、
窓を開放して風を部屋に入れるように
しています。

その時に活躍してくれるのが
網戸です。

しかし今年になって、
なぜか蚊に刺されることが、
増えています。

もしやと思い網戸をよく見てみると、
網の一部が破れていたのです。




網戸が虫の侵入を止めていると、
私はずっと信じていました。


しかし今は、
網に穴が開いていたので、
ざるで水をすくうのと同じです。


毎日蚊に刺されていたのは、
網戸のせいだったのです。




自宅は築30年以上にもかかわらず、
一度も網戸の網を交換していません。


網戸の網に穴が開いても、
「よく持ちこたえたな」と
感心すらします。


網戸の交換について、
親と話をしていると、
意外なことが分かったのです。


自宅を新築したときに、
親自ら網戸に網をはって設置した
と言うのです。




私は業者にお願いして、
網戸をはり替えてもらう予定
でした。


しかし自分の親が、
30年以上前に自分たちの力だけで、
網戸をはり替えたのです。


親にできて私にできないはずがない、
その思いが私の頭の片隅から、
メラメラと湧き上がってきました。


網戸のはり替えのやり方をググると、
YouTube動画ですぐに見つかった
のです。




YouTube動画のおかげで、
はり替えのやり方は理解できました。


あとは30年以上前の網戸なので、
仕組みが今と同じなのかが、
一番の心配になります。


今の仕組みと違っている場合、
はり替えのやり方が異なるので、
自分ではり替えできません。


網戸を外してよーく観察すると、
なんと30年前でも今とまったく同じ
仕組みでした。




ここまで来ると、
私の好奇心が騒ぎだして、
昨日は眠れない夜になりました。


「明日は◯◯して、、、」と、
頭の中でシミュレーションして、、、


少年の心がワクワク、
ドキドキして止まりません。


そんな調子なので、
今日は朝からソワソワしながら、
待ちきれない思いでした。





部屋が暑さのピークになる午後に、
ホームセンターへ買い出しに行って、
夕方には準備万端になりました。



当初考えていた予定では、
明日の午前中にはり替えをする
予定でしたが、、、



どうしても好奇心が抑えきれず、
そのまま網戸のはり替えを、
やってみたのです。



1つの網戸だけ、
試しにやってみましたが、
YouTube動画通りにできました。





穴の開いた網戸がたくさんあるので、
明日の午前中から本腰をいれて、
やる予定です。



私の好奇心が騒ぎだすと、
楽しくてたまりません。



あなたの好奇心は、
騒ぎ出していますか?





「病気は気から」と言うように、
「病気かも?」と気持ちが傾けば、
人は病気になります。



気持ちが病気の原因になるのなら、
その逆もあるはずです。



『人生が楽しい』という人は、
身体中の細胞も喜んでくれるから、
元気になったり若返ります。



あなたの好奇心が騒ぐように、
いろんなことに興味をもって、
自分から好奇心を刺激しましょう。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの好奇心が刺激されるように、
私も協力します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です