臆病者だけが知らない真実とは?

こんばんは、滋野一義です。

臆病な人ほど他人を批判しますが、
批判してる張本人は何もしません。

臆病な人ほど、
最初の一歩が踏み出せないんです。

最初の一歩が踏み出せない限り、
日常は何も変わらないので、
臆病者から早く脱皮してください。

新しいことを始めるとき、
最初にぶち当たるものがあります。

初めてやることは、
誰だって先が見えないので
どうやったらいいか不安になります。


「もしかしたら、
失敗するんじゃないか」と
不安になってつまずいたりします。

最初のトライは、
ほとんど失敗する確率が高いのも
事実です。

あまりに失敗を嫌がるから、
あなたは臆病な人間に成り下がって
しまったんです。

人生の中で、
一度も失敗をしたことがない人間は、
この世に存在しません。


人間は失敗することを前提に
物事を考えることを、
臆病者は知らないのです。

人間の本質を知らないと、
何もできない小さな人間に
まとまってしまいます。

機械は、
同じタイミングで同じ動作をします。

そんな機械も商品を製造していくと、
何万回に1回は不良品を作ります。


人間のようにアバウトでなくても、
不良品を作るんです。

不良品を作る原因は、
部品がすり減ったり欠けたり、
異物が挟まって起きます。

人間よりも確率が低いけれど、
失敗はあります。

失敗を恐れること自体、
ナンセンスです。


それだったら、
失敗することを前提に思考すれば、
失敗してもリカバリーが早く
できます。

失敗なんて、
本当に怖くないんです。

失敗を前提に考えることができれば、
新しいことにチャレンジできる
はずです。

今までよりも、
小さな勇気さえあればいいんです。


初めての行動を、
小さな勇気を持って踏み出し
ましょう。

臆病だった頃と違う景色が、
目の前に見えてきます。

最初の一歩は、
やったことがないので、
そびえたつ高いハードルに思えます。

しかし実際にやってみると、
高いハードルに見えていたものが
腰くらいの高さだったことに
気付きます。


案外やってみると、
簡単だったことが多いです。

人間は好奇心を忘れると、
すぐに臆病者になるので、
いつまでも好奇心を持ち続けて
新しいことにチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です