感動体質になろう


こんばんは、滋野一義です。


人は感動する分だけ、
人間として成長していきます。



私ごとで恐縮ですが、
数年前まで私は無感動でした。

数年前というのは、
サラリーマン時代を指します。

自分にしか興味がなかったので、
自分以外はどうでも良かったのです。

サラリーマン時代の私は、
人が感動することが理解不能でした。




人には感情があることを、
私はサラリーマン時代でも、
理解していました。

しかし私は、
なんで人がたくさん感動するのか、
少しも理解できていなかったのです。

例えばこんな会話が、
まったく理解できませんでした。

Aさん:「つまらない物ですが、、、」

Bさん:「あっ!嬉しい~!!」




これぞ日本と言うべき、
決まり文句のやり取りとしか、
私は感じていませんでした。

つまらない物に感動するなんて、、、
私はドライな人間だったのです。

自分以外に関心がなかったから、
いろんな研修を受けても
ピンとこない。

40歳を過ぎても平社員だったのは、
このような無感動が原因だった
のでしょう。




しかし、今の私は違います。

八方美人ではないけれど、
人並み程度は感動するように、
生まれ変わりました。

私が人並みになれたのは、
あることが引き金となって、
感情がレベルアップしたのです。

私が変貌したキッカケとは、、、




私には今でも、
師匠として信頼している人物が
います。

別の言い方をすれば、
「メンター」になります。

私はメンターと出会ったことで、
世間一般で常識となっているモノを、
疑うことを学びました。

この学びによって、
私がイエスマンだったことに、
気付かされたんです。




「あの人が言うんだから、
絶対間違いないだろう」と、
受け入れていた自分がいました。


疑うことを知らないから、
大きな力を持った人の言葉に、
踊らされていたのです。


多数派の意見はすべて正しいと、
私は極端な考え方をしていました。




改めて考えてみると、
確かに全員が賛成するような意見は、
この世に一度も無かったのです。


99%の人が賛成したとしても、
1%の人は反対しています。


反対意見を聞いてみると、
反対意見の方が正しいことを言って
いる場合があります。


多数派に流されるんじゃなく、
自分で良し悪しを判断していくと、
大きな感動を味わえます。




私が多くの感動を手に入れると、
無感動だったころとは違う、
新しい人生が待っていました。


見るモノや感じるモノが、
とても新鮮で、
毎日が楽しいのです。


つまらない物をもらっても、
「ありがとうございます。」と、
心を込めて言えるようになりました。


これって、
私が本来の人としてのレベルに、
到達できたからではないでしょうか?




たくさん感動することで、
私のように人間は成長できるのです。


私は感動によって成長したことで、
新しい人生を見つけることが
できました。


その一例を紹介すると、
どれだけサラリーマンが不自由か、
あなたは知っていますか?




私が初めに疑ったのが通勤です。


みんなが同じ時間に、
一斉に会社に向かって移動するから、
通勤ラッシュや交通渋滞が起きます。


始業時間までに出勤して、
定時で帰宅できればラッキーですが、
ほとんどの人が残業しますよね。


毎日深夜まで会社にいるのは、
「監禁されている」とも言えます。





もっと自由に生きたいから、
私はサラリーマンを辞める決心を
しました。



サラリーマンだけが仕事じゃないと、
気付かせてくれたのも、
感動が引き金になっています。



さらに会社を辞める勇気も、
感動が後押しをしてくれたので、
私の人生は180度変わりました。





私はあなたに、
「サラリーマンを辞めなさい!」と、
おススメしている訳じゃありません。



たくさんの感動を手に入れることで、
私と同じようにあなたの人生も、
大きく変える事ができます。



あなたが信じている常識は、
あなたの勘違いでしかないので、
すべてを疑ってみるべきです。



あなたがたくさん感動できるように、
常識を疑うところから取りかかり、
豊かな人生にしてください。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが感動体質になれるように、
私も微力ながら応援します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
無料でプレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です