大手柄!人命救助?

こんばんは、滋野一義です。

モノは言いよう考えよう、
わざわい転じて福となります。

とれたてホヤホヤの話です。

私はほぼ毎日、
コンビニに通っています。

近くのセブン-イレブンに、
今日も買い物にいきました。

そこのセブン-イレブンは、
新商品の発売が近づくと、
在庫を半額で販売してくれます。

アイスクリームの半額品目当てに、
今日も立ち寄りました。

一番近い店舗と言っても、
車で約8分かかります。

お目当てのアイスクリームを買い、
帰宅しようとしたときに、
事件が起きました。

国道に合流するため、
停車しているときです。

バックミラーを見ると、
1台の軽自動車がバックしながら、
近づいてきたのです。

私は心のなかで、
「早く気付いてくれ!」と、
神にすがる思いでした。

「もうダメだ!」と思い、
クラクションを鳴らしたけれど、
変化なし。

どこにも逃げられず、
車のお尻とお尻がゴッツンコして、
軽自動車が止まりました。

車を降りて相手の車内をみると、
お爺ちゃんがオタオタ状態でした。

もしかして・・・

第一印象では、
今流行の認知症かと思いました。

しかし、
私の感は外れていました。

認知症ではなく、
身体が不自由な人でした。

酸素吸入用の管が外れてしまい、
バックしているのを忘れて、
アタフタしていたのです。

最初は「最悪!」と思いましたが、
あることが私の頭をよぎりました。

「あれ、もし私の車がなければ、
このままバックを続けて、
国道に出たんじゃないの?」と、
頭に浮かびました。

軽自動車が国道に出ていたら、
もっと一大事になっていたかも
しれません。

「お爺ちゃんの命を救ったのかも!」
と考えてみましょう。

今まで接触事故という嫌な出来事が、
人命を救ったいい出来事に、
すり替わりました。

嫌な出来事も見方を変えると、
真逆のいい出来事に、
ひっくり返った例です。

嫌な出来事といい出来事は、
ほんとうに紙一重なんです。

何ごとに対しても、
ツキがないと思えばツキが逃げます。

同じ事をツイてると思えば、
ツキが束になってやって来ます。

考え方ひとつです。

悪い解釈しかしない人に、
成功の女神が寄ってくるはずが
ありません。

成功の女神に愛されるように、
悪い方ばかり考えず、
いい面を常に見ていきましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

今日のメルマガはどうでしたか?

気に入っていただけたら幸いです。

ご希望がございましたら、
あなたのメールボックスに、
私のメルマガをお届けします。

こちらをクリックしてから、
お登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください