あら、◯◯見えてますよ。

こんばんは、滋野一義です。

夢は必ず実現します。

しかしあなたのやり方では、
一生かかっても実現しないでしょう。

カナダでおこなわれている、
ワールドカップを知ってますか?

なでしこJAPANが、
ベスト8に勝ち進みました。


「連覇できるのは日本だけなので、
優勝目指して頑張ります!」と、
佐々木監督は言います。

前回のドイツ大会で、
なでしこJAPANが優勝しているので、
当然と言えば当然です。


世界ランク4位のなでしこJAPANは、
強豪国の中に含まれます。


前回優勝しているので、
今回の優勝候補にも上げられて
います。


ここまで強くなったのは、
日本サッカー協会のお陰です。


しかしながら、
ブラジル大会での男子の日本代表は、
予選リーグ最下位となって、
ブザマな結果でした。


同じ協会に属しているのに、
男子と女子で、
どうしてこんなに開きが
できるんでしょうか?


大和撫子たちの身体能力が、
世界に通用するからとも
考えられます。


それを裏付けるように、
女子野球や女子ソフトボールも、
昨年世界で優勝しています。


しかし私は、
別の角度から考えてみます。


なでしこJAPANは、
ある経験から目標達成の法則を、
知ったのです。


世界相手に戦える自信がついたとき、
北京オリンピックで、
“メダルをとる”という目標で
望みました。


残念ながら、
3位決定戦で負けてしまい、
4位入賞でした。


なでしこたちは、
何が足りなかったのかと悩みました。


そこから導き出された答えが、
目標の設定が低かったことです。


3年後のドイツワールドカップでは、
優勝を目標に設定しました。

ドイツ大会の結果は、
記憶に新しいので、
あなたもご存知の通り優勝です。

さらに1年後、
ロンドンオリンピックでも、
金メダルを目標に設定しましたが、
残念ながら銀メダルでした。

なでしこJAPANが見つけた、
目標達成の法則を、
あなたは分かりますか?


なでしこJAPANが見つけた、
目標達成の法則とは・・・

目標を上回る成果は、
手に入らないということです。

目標を設定して得られる成果は、
目標以下の現実だけです。


 目標    成果
・メダル→4位(北京五輪)
・優勝 → 優勝(ドイツW杯)
・金 → 銀(ロンドン五輪)

北京オリンピックから、
この法則がずっと続いています。


まだ経験したことがないものは、
なでしこでもあなたにも、
イメージしにくいものです。

なでしこたちは、
最強国とのテストマッチを組んで、
自分たちの現状のレベルと、
優勝するために足りないものを、
体感していったのです。

これにより、
優勝という未体験ゾーンを、
情報収集した体験で、
イメージできるようになりました。

今日のオランダ戦も、
最後に危ない場面が訪れましたが、
優勝するための最低条件となる
勝利をもぎ取りました。


あなたもなでしこJAPANを見習って、
今想像できない目標だとしても、
恐れずに目標を設定しましょう。

目標に設定しなければ、
いつまでたっても達成できません。

目標に掲げていれば、
達成するために必要な情報が、
向こうからやって来ます。

なでしこが見つけた成功法則で、
目標を達成しましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


イメージ出来ないものは、
絶対手に入りません。


私の自己啓発系メルマガを、
あなたに毎日お届けできます。

こちらをクリックしてから、
ご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です