不老不死はお金で買う

こんばんは、滋野一義です。

貧乏人が早死する時代が、
もうじき来ます。

日本ではお金持ちが増えています。

その逆に、
貧乏人も増えてきています。


お金持ちと貧乏人の両方が
増えているので、
貧富の差が広がっています。

これを「二極化が進んでいる」と
言います。

去年の末に、
消費税10%への引き上げが、
延期になりました。

その時に話題になったのが、
高級外車が2014年になって、
飛ぶように売れているという
報道でした。


1000万円を超える車の注文が、
増えていたのです。

さらに、
1億円を超えるマンションも、
すぐに契約成立して、
端から埋まっていくのです。

これらの報道からすると、
年収が大幅に上がったように、
感じます。

しかし、
依然としてサラリーマンは、
年収が上がっていませんでした。


一部の人たちが儲かって、
大金を手にしていたのです。

そのお金で高級外車を注文したり、
億ションを購入していたのです。

サラリーマンもようやく、
今年の春闘で年収が上がる
きっかけを掴みました。

しかし、
消費税が8%に上がったことと、
円安に振れたことで、
今月もいろんな商品が値上げを
しています。


サラリーマンの給料が上がっても、
物価の上昇もあるので、
差し引きゼロまたはマイナスに
なるでしょう。

このような現状なので、
どんどん貧富の差が開いていきます。

これから人間は、
近い将来「不死の身体」を、
手に入れる可能性があります。

iPS細胞の研究が進み、
再生医療が実現するのです。


心臓や神経などの細胞が作られて、
寿命を迎えた細胞を交換できるように
なります。


ロボットの研究も進み、
人工で作られた身体に、
脳を移植できるようになります。

こうやって、
近い将来には死を克服している
ことでしょう。

この不死の身体が、
やがて手に入ります。

しかし、
誰でも手に入るかといえば、
そうではありません。


液晶テレビの価格が、
かなり安くなってきましたが、
いま売り出し中の4Kテレビは、
40万〜50万円します。

不死の身体を手に入れる費用も、
保険がきかないだろうと考えると、
高額な費用になるはずです。

「不死の身体」代は、
サラリーマンが払える金額では
ないでしょう。

当然のようにお金持ちたちだけが、
「不死の身体」の恩恵を受ける
のです。


お金持ちは死を克服して、
お金が払えない貧乏人たちは、
今まで通りの寿命のままです。

不死の身体と平均寿命なら、
貧乏人の方が早死することに
なります。

長生きしたいとお考えのあなた、
今からお金を貯めていかないと、
平均寿命しか生きられないのです。

お金を貯めて、
あなたもお金持ちになりましょう。


100歳をゆうに超えて、
200歳、300歳も夢では
ありません。

これから成功すれば、
その頃にiPS細胞の再生医療が
実現するでしょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


不老不死になるために、
頑張りましょう。


このようなメルマガを、
毎日書いています。

あなたのメールボックスに、
お届けします。

よろしければ、
こちらからメルマガに登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です