あなたがクビになる日


こんばんは、滋野一義です。


10年後までに、
あなたは職を失うでしょう。

「2045年問題」について、
あなたは知っていますか?

2045年問題とは、
人類の変換点になります。

人工知能が人類を越えてしまうのが、
2045年だと予測されています。

人工知能が人類を越えてしまうと、
どんな事が起こるのでしょうか?

人工知能のことを、
「AI」とも言います。

AIが人類を越えてしまうと、
AIが人類の上に立つことになります。

そうなると、

映画「ターミネーター」の世界が、
現実になるのです。


映画「ターミネーター」は、
AIが独自に進化して暴走?します。

AIがはじき出した答えが、
「人類の抹殺」です。

人間からみれば、
とても残酷な考えです。

しかし私からみたら、
至極当然であると納得します。


人類すべてが善人ではありません。

利益を追い求めすぎて、
環境破壊を平気でおこないます。

さらに自分さえ良ければ、
人を殺してでも利益を得たがる
輩もいます。

自国の利益を一番に考えるあまり、
隣国と戦争を始めるバカな指導者も
いるくらいです。


環境破壊や戦争がおきると、
母なる大地が大きなダメージを
受けます。

このような悪人が多いから、
人類が地球に悪影響を与えると、
AIが判断してもおかしくないはず。

そうなれば、
人類は地球に必要ないからと、
AIが抹殺計画を実行するでしょう。

自分で学習する能力が強化されたら、
AIが人類の敵となる可能性が、
グッと高まります。


私はSF好きなので、
ターミネーターシリーズを、
テレビ版まですべて見ています。

ターミネーターの影響を、
私は強く受けているので、
このように考える事があります。

奇想天外な発想かもしれませんが、
私の意見に対して、
あなたはどう思いますか?


これは近未来の予測です。

現実に目を向けてみると、
歴史的なでき事が先日ありました。

囲碁のプロ棋士がAIと対局して、
1勝4敗でプロ棋士が負けたのです。

対局したプロ棋士は、
最強の棋士として知られた人でした。


歴史的なでき事がおこる前まで、
AIがプロ棋士に勝つには、
10年かかると言われてきました。

それなのに、
技術の進歩は凄まじいですね。

10年あった開きを、
あっという間に縮めることに
成功しました。

このスピードが継続すれば、
2045年が前倒しになることも、
考えられます。


AIが人類を越えなくても、
あなたの仕事がロボットに、
奪われてしまうでしょう。

単純作業をおこなうように、
AIを用いたロボットの開発が、
今進められています。

10年後に工場で働く人は
ロボットに仕事を奪われてしまう
でしょう。


ソフトバンクでは、
店員すべてをペッパーにして、
試験的にスマホの販売をしています。

ペッパーが進化すれば、
接客でもロボットが仕事を奪う
でしょう。

さらに、
AIの進化が止まりません。

AIが書いた小説が、
賞の一次審査を通過しているので、
デスクワークの仕事も要注意です。


10年後には作業用ロボットが、
実用化しているはずです。


あなたの仕事が、
ルーティン作業ばかりなら、
ロボットに仕事を奪われるでしょう。


ロボットの長所は、
絶対に文句を言いません。


プログラムされた仕事だけを、
常にこなしていくから、
人間よりも生産性が向上します。


あなたがAIやロボットに、
仕事を奪われないためには、
どうすべきでしょうか?


それは、
自分から新しい仕事を作っていく
能力を鍛えることです。


いくらAIが進化しても、
自ら仕事を作り出すのは、
10年以上かかるはず。


その間にあなたは、
労働者から経営者になって、
AIを使う側になれば良いのです。


職場でAIやロボットと争っても、
負けるのがオチです。


あなたがAIやロボットを、
プログラムする立場になれば、
AIやロボットの上に立てます。


あなたの仕事を守り抜く方法が、
これしか存在しません。


まだ時間が残っているので、
今から次の一手を打てるように、
経営者を目指しましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが起業できるように、
私が軍資金を用意します。

「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です