欲は人間を成功に導く唯一の道具なり

こんばんは、滋野一義です。

スポーツ選手が、
よくこんなこと言いませんか?

「無欲の勝利でした。」と、
優勝インタビューで聞きます。

無欲だけで優勝した選手は、
実際に誰一人いません。

この言葉の真意を見極めないと、
あなたは将来絶対成功できませんよ。

スポーツ選手が優勝をねらうとき、
いろんな心理が働きます。

誰でも優勝して、
自分の名前を世間に認知して
もらいたいものです。

優勝が現実味を帯びてくると、
「これで優勝できる!」と思い、
心に油断が生じます。

心に油断が生じると、
相手選手にスキをつかれて、
逆転負けをくらいます。

コーチや監督から心の油断を
指摘されて、
「どうして無欲になれかったのか?」
と罵倒されます。

目の前で優勝がちらついても、
戦う姿勢を崩さなければ、
そのままの勢いで押し通せました。

スポーツでは、
実力が拮抗している場合、
メンタルが大きく勝敗を左右します。

心の油断が、
優勝の2文字を準優勝という
3文字に格下げさせます。

メンタルの問題は、
何もスポーツだけではありません。

ビジネスでも、
メンタルが大きな力を発揮します。

あなたが任せられた案件を、
端からできないと決めつけたら、
絶対にできません。

このマインドの使い方は、
典型的な出世できない社員のもので、
常にできない理由ばかり考えて
います。

逆に、
典型的な出世していく社員は
どうでしょうか?

最初から、
できると確信を持っているので、
結果を出し続けます。

いつでも、
どうやったら上手くいくかを、
考えています。

失敗を恐れないので、
攻めの姿勢で斬新なアイデアを
思いつくのです。

よく考えれば分かりますが、
できないと考えるから、
成功するイメージが湧かないのです。

必ずできると確信できれば、
成功するイメージがいとも簡単に
湧きます。

我々のコーチングでは、
あなたの実績や能力は関係なく、
根拠がなくても成功できると
確信を持ってもらいます。

今から成功するための能力を
伸ばしてもらうので、
あなたの過去は一切問題にしません。

あなたの過去が、
どんなに怠惰でなまけ者でも、
見捨てたりしません。

過去は過去、
現在と未来には何の影響も
与えないんです。

元暴走族が会社の社長になったり、
極道の元妻が弁護士になったりと、
新しく目標を定めて取り組んで、
成功を掴んだ人が実際にたくさん
います。

あなたも、
その1人に入ればいいだけです。

人間がイメージできないものは、
絶対に手に入りません。

月に行けると考えたから、
後追いでロケットを開発して、
月に行けたんです。

月は眺めるものと考えていれば、
ロケットを開発しようと考えません。

成功への最初の一歩は、
根拠のないできるという確信を
持つことから始まります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください