過去と決別しなさい!


こんばんは、滋野一義です。


過去ばかり見ていると、
あなたは桃源郷にたどりつけません。



人はどうして、
過去ばかり見ているのでしょうか?

今の自分があるのは、
今までの過去があったからです。

「歴史を知れば未来が分かる」と、
公言している人もいます。

これからの将来も、
過去に頼るべきでしょうか?




ズバリ言うと、
「未来と過去は何の関係もない」が、
私の意見になります。

確かに過去と同じような現状に、
遭遇することがあります。

しかし過去と今とでは、
100%違っていることに、
あなたもはやく気付くべきです。




どこが違っているかをみるために、
5年前と今を比較すると、
まずはあなたの年齢が違っています。

5年前と今とでは、
5年間の月日が流れていることは、
あなたでもお判りでしょう。

5年の月日が流れたなら、
あなたの経験値が相当あがっている
はずです。

5年前は失敗したことでも、
今なら絶対に成功できる自信を
持てるでしょう。




5年前のときと今では、
あなた以外の当事者が違っている
はずです。

当事者がまったく同じで、
同じ状況になっているなら、
双方ともまったく成長していません。

5年間を無駄にしていないなら、
あなたは必ず成長しています。

同じような状況になっても、
5年前には思いつかなかった方法で、
必ず解決できます。




5年前とまったく同じ場所で、
同じような状況になることは、
絶対にありえません。


同じような状況だとしても、
問題が起きている場所は、
五年前と今では違うはずです。


5年前と同じ場所だとしたら、
あなたに明るい未来は訪れない
でしょう。


学習能力がないから、
あなたの未来を良くすることは、
不可能だと断言できます。




今回あげた例は、
・年齢と経験値が違っている
・あなた以外の当事者が違っている
・場所が違っている


これだけ違っているのだから、
5年前と100%同じになることは、
絶対にありえないのです。


だから過去や歴史から学んでも、
これから先の未来には、
まったく役に立ちません。


同じような状況に思えても、
実はまったくの新しい体験になる
のです。




新しく困難な状況になったら、
あなたがやるべき事は、
過去を振り返ることではありません。


あなたは過去と真逆の方向に、
目を向けるべきです。


過去とは真逆なのは、
あなたの未来になるので、
困った時こそ未来を考えましょう。


あなたが未来を考えることで、
今の状況をどう変えれば、
その未来にたどり着けるか
分かります。





これからあなたが進むべき方向性が、
未来を考えることで、
イメージできます。


未来に続くイメージを、
道しるべとすれば、
自ずと解決策も見えてきます。


ここで一番やっちゃいけないのが、
目の前の困難から、
尻尾を巻いて逃げ出すことです。


目の前の困難に白旗をあげると、
あなたが思い描いている未来が、
どんどん遠ざかるだけです。





明るい未来に向かって立ち向かえば、
あなたの未来へ続く扉を、
開くことができます。



ここで百歩譲って、
困難に立ち向かって負けたとしても、
まったくの無駄にはなりません。



正面からぶつかったことで、
あなたの経験値は、
必ず上昇するはずです。



自分の意志で前進しようとしたので、
この経験がいつか必ずあなたの力に
なるでしょう。





あなたが思い描く未来にするには、
これからどうしたら良いでしょうか?



これを考え続けることで、
次に何をやるべきかが見えてきます。



今からでも遅くありません。



考え方を180度変えることで、
あなたは困難に勝利して、
桃源郷にたどり着いてください。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが桃源郷にたどり着けるよう、
私も陰ながら応援します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です