ネットで話題!ドレスのからくり

こんばんは、滋野一義です。

今ネットで話題沸騰のドレス写真を、
知ってますか?

色が違って見えるという、
あの写真です。

今日はその写真に関連して、
脳の仕組みについてお伝えします。

今日問題にする写真は、
ロンドンのあるショップで
売られているドレスです。

人によっては「青と黒」に見えたり、
「白と金」に見えると、
ネットで話題になっています。

日本のワイドショーやニュースでも、
取り上げられています。

どうして違って見えるのだろうと、
物議をかもしています。

専門家の意見を聞いても、
これだという理由が見つかりません。

今後の研究材料として、
取り組むようです。

一般の人に聞いてみると、
「青と黒」と答えた人が約85%、
「白と金」と答えた人が約15%
でした。

実際のドレスの色は、
「青と黒」でした。

私は最初から、
「青と黒」にしか見えません。

どうして「青と黒」が、
「白と金」に見えるのでしょうか?

ある専門家によれば、
錯視が関係しているのではないかと
言います。

錯視とは錯覚の一部で、
本当の色と違った色に見える
現象です。

ドレスの周りの環境によって、
錯視が起きるのです。

・ドレスに当たる光
・ドレスにかかる影
・ドレスの背後の明るさ
などが、
ドレスの色に影響を与えます。

ドレスに影響を与えるどの要因に
フォーカスするかで、
あなたの脳が勝手に思い込みを
します。

背後の明るさにフォーカスすると、
ドレスが暗く見えていると思い込み、
白っぽい色と勘違いするのです。

人間の脳は、
目の前の景色の情報を、
100%脳に伝えていないことを
ご存じですか?

今回のドレス写真も、
写真に写った情報を、
100%脳に送っていれば、
「白と金」に見える人はいません。

脳はある理由によって、
知っている情報を間引きします。

光や明るさによって、
思い込みが起こるから、
脳は「知ってる」と判断して、
情報を間引くのです。

脳は前から知っている情報を、
どうして受け入れないのでしょうか?

それは、人間の命に関わるからです。

一般的に人間の脳は、
3%しか使われていないと、
言われます。

脳を100%使うと、
どうなると思いますか?

脳を100%使ったらどうなるか、
計算した学者がいます。

脳を100%使った瞬間に、
原子力発電所3基分のエネルギーを、
消費することがわかったのです。

原子力発電所3基分の
エネルギーを消費したら、
人間は一瞬で餓死してしまいます。

人間が生きのびるために、
脳にリミッターをかけていると
言えます。

知っているという思い込みで、
あなたの人生経験から答えを導いて、
ドレス写真を合成します。

あなたは目の前の景色を、
ありのままに見ていません。

もしもあなたが、
「私は成功できない!」と、
思い込んでいたらどうでしょうか?

成功するために必要な情報が、
目の前にあっても気が付かないので、
「成功できない」という思い込みを
なくしましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

思い込みをなくして、
色メガネで見ることをやめましょう。

毎日配信しているメルマガでは、
思い込みをなくすための方法も、
記載しています。

メルマガ完全版を読むためには、
こちらから登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください