願い事を即刻禁止します


こんばんは、滋野一義です。


あなたの願い事は、
煮ても焼いても食えないのでは?



日本では元旦になると、
神社に初詣に出かけます。

初詣では神さまに、
必ず願い事をするでしょう。

新年早々に願い事をするように、
日本人は願い事するのが好きです。

あなたも今までの人生で、
どれだけの願い事をしてきましたか?




初詣で1回ずつ願い事をすれば、
現在25歳だと仮定すると、
少なくても20回以上はしているはず。

20回以上している願い事は、
どれだけ実現していますか?

私があなたに代わって、
ハッキリと言いますが、
ほとんど実現していません。

どうしてこんな事が、
まかり通るのでしょうか?




神さまに願い事をすることは、
習慣化しています。

初詣がよい例で、
元旦にするものという、
固定概念ができています。

実現することを期待しないで、
お賽銭を投げて願い事をします。

「実現したら良いな」と、
淡い期待を込めて願うのです。




元旦でなくても神社に行くと、
お賽銭を投げいれて、
形式的に願い事をします。

身近に神社があって、
神さまにお祈りする習慣が、
日本人のDNAに刻まれています。

お祈りが形式的になっているから、
絶対に実現して欲しいという願望が、
薄れているのでしょう。

日本の経済が低迷しているから、
あなたの願望が叶うなんて、
考えられないですよね。




しかしどうしても、
諦められない願いがあるのも、
事実でしょう。

必ず実現したい願いを、
いつも通りに神さまに願っても、
形式的な祈りでは実現しません。

ではどうすれば、
あなたの切なる願いが、
実現できるようになるのでしょうか?

今までのような形式的な祈りと、
決別する必要があります。




神さまだって、
人の心が分かります。


真剣に願い事をしているのか、
形式的な祈りなのかを、
ちゃんと見分けています。


神さまも忙しいので、
いい加減な気持ちの願いなら、
後回しでも良いと考えるでしょう。


どんなにあなたが真剣か、
神さまに分かってもらわないと、
いつまで経っても願いは叶いません。




神さまに分かってもらうように、
あなたが真剣に願えば、
ある変化が起きるはずです。


あなたも真剣になって、
「何とかしたい!」と祈るから、
問題意識が強くなるのです。


心の中で問題意識が強くなると、
脳も危機感を感じます。


あなたの脳が24時間フル回転して、
危機感をなくす手立てを、
探しまくるのです。




あなたの脳は、
スーパーコンピュータ並みなので、
記憶の中から手立てを探します。


あなたの記憶の中に、
解決策のヒントが見つかれば、
すぐにでも願い事が叶うでしょう。


しかしヒントが見つからない時は、
ヒントにめぐり合える方法を、
検索してくれます。


助言してくれる人に会えたり、
ヒントが書かれている本や記事を、
見つけたりできるのです。




あなたの脳が味方してくれるから、
閃いたアイデアを信じて、
すぐに実行してみましょう。


閃いたアイデアは、
閃いたときに行動しないと、
時間とともに忘れてしまいます。


後回しにしていたら、
「あれ、何だっけ?」と、
必ず後悔することになります。


後で後悔しないためにも、
すぐに行動するか、
それとも閃きを記録するべきです。




本当に願いを叶えたいなら、
メモとペンを持ち歩くように、
習慣を付けましょう。


このように形式的に願い事をしても、
99%は叶わないのです。


もっと真剣になって願い事をすれば、
神さまの優先順位が上がるし、
あなたの脳がフル回転します。


もしかしたら、
神さまがあなたの脳に命令して、
願い事を実現させてくれるかも。




願い事のイメージは、
「実現しない淡い夢」といった、
感じではないでしょうか?


そのイメージで何回も祈っても、
あなたの願い事は実現しないんです。


願い事をあなたのゴールにして、
実現しようとする強い意識をもてば、
必ず願い事が叶います。


願い事をゴールに設定することで、
実現するためのプロセスが、
あなたにもハッキリ見えます。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの願い事が叶うように、
私が援護射撃をします。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です