常識の壁を突き破れ!


こんばんは、滋野一義です。


日本人の常識だったことが、
非常識になりました。



先週末におきた熊本地震によって、
甚大な被害がでました。

全国から現地に向けて、
支援物資が送られています。

しかし交通網が普及していないので、
被災者全員に届いていません。

今でも震度4くらいの余震が、
続いています。



残念ながら熊本地震によって、
死者が出ています。

14日の前震による死者が9人で、
16日の本震による死者が32人です。

41人の死因のほとんどが、
建物に押し潰されて、
お亡くなりになりました。

お亡くなりなった方々に対して、
ご冥福をお祈りします。




本震によって死者が、
前震よりも4倍弱に増えています。

前震で傾いた家に帰って、
寝ているときに、
本震が起きたからです。

どうして傾いた家の中で、
寝てしまったんでしょうか?

それには、
ある常識が関係しています。




日本で起きた今までの地震は、
本震が起きてから余震が続くのが
常識でした。

しかし、今回は違います。

まず初っ端に前震が起きてから、
本震が起きたのです。

前震によって自宅が傾きましたが、
さらに大きな地震が起こるとは、
熊本県民も考えていませんでした。




今までの常識から、
「大きな地震はもう起きない」と、
被災者が思ってしまったのです。

さらに追い打ちをかけたのが、
前震で停電していた電気の
復旧でした。

人間の心理からすれば、
電気が復旧したということは、
被災者たちに希望を与えます。

これから復興していくと、
誰もが勘違いしたのでしょう。




今までと違う地震だったので、
被災者の判断を狂わせたのです。

電気も水も止まっていても、
慣れ親しんだ自宅です。

電気が復旧したことで、
これまでの警戒心が緩んだ
のでしょう。

今回の地震によって、
傾いた自宅に寝泊まりするのは、
とても危険であると分かりました。




私も含めて多くの日本人は、
このように地震に対する常識が、
大きく崩れ去りました。

自然の力をみてしまうと、
本当に驚かされます。

常識を越えてしまうような、
すごいパワーがあります。

このような経験が、
最近頻繁におこっています。




最近では、
地震だけではありません。

雨でも、
常識を塗り替えています。

今から20年前には、
「ゲリラ豪雨」という言葉が、
存在しませんでした。

局所的に雨が集中するなんて、
私の子供の頃にはありえません。




地球の温暖化が原因のようですが、
科学の進歩と同じように、
雨も進化を続けているのです。

これからの防災の観点からみても、
今までの常識は通用しません。

常識を遥かに越えて、
自然が我々に牙をむいてきます。

あなたが持つ常識を、
すべて捨てなければ、
いつしか自然災害で死ぬかも?




ある意味、
常識はバージョンアップしていく
ものだと思います。


新しい常識は、
自然災害だけのものではありません。


あなたが取り組むビジネスにも、
通用することです。


ビジネスの今の常識も、
10年後に非常識となっている
こともあるのです。




突発的なでき事が、
常に起きる可能があります。


それを見込んで、
上限を高めに設定しておけば、
慌てることはないでしょう。


あなたの身を守れるのは、
あなただけです。


余裕をもった対応が、
功を奏します。




自分自身で上限をつくれば、
それが常識となります。


これからは上限をつくらず、
どんな状態になろうとも、
対応するようにしましょう。


あなたの今持っている常識を、
すべて捨てることから、
始めてください。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの常識をなくすため、
私が協力します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です