妥協してはいけない!


こんばんは、滋野一義です。


セキュリティは大事です。



私は2日前に、
メルマガをお休みしました。

ズル休みした訳でもありません。

昨日もお伝えした通り、
パソコンのトラブルが原因です。

あまりに熱中しすぎて、
メルマガを書く暇がなかったのです。



前回メルマガ配信を休んだのは、
私の記憶によると、
1年以上前のことです。

その時もパソコントラブルで、
2日間休みました。

パソコンが動かなくなり、
OSを再インストールしたのです。

OSを再インストールすると、
購入時の状態に戻ってしまうので、
環境を戻すのに時間がかかりました。




今回のトラブルは、
セキュリティに問題が起きたのです。

Windows10にして、
問題なく動いていたのですが、
それは突然訪れました。

Windowsを起動させた時、
いつも入力していたパスワードが、
受け付けてくれなったのです。

よーく見ると、
いつもと違う表示になっていました。




モニターをよく見ると、
私が設定したアカウント名では
ないのです。

私のアカウント名は、
セキュリティ強化のために、
名前を使っていませんでした。

トラップ用のアカウントも、
設定しています。

トラップ用アカウントの方に、
私の名前を設定しています。




私が目にしたのは、
設定していない私の名前が、
表示してあるのです。

トラップ用アカウントと違う表記で、
私の名前が出ていました。

さらによく見ると、
Microsoftのアカウントで、
ログインするようになっていました。

「どうして変更されているの?」と、
パニックになったのです。




私の予想では、
あることが原因ではないかと、
思い当たる節があります。

パソコンをログアウトする前に、
OneNoteというソフトを、
インストールしていたのです。

知っている人も多いでしょうが、
OneNoteはMicrosoftのソフトです。

インストールが終わって起動する時、
Microsoftアカウントで、
サインインしたのです。




Microsoftアカウントで、
サインインした時に、
手違いが起こったのでしょう。

サインインの時に、
Windows10のログイン方法を、
変更してしまったのです。

私はセキュリティ強化のために、
パスワードを難解な文字列にして
います。

Windowsのログイン時に、
パスワードを暗記することが、
とても困難なモノにしています。




最近のWEBサイトやサービスでは、
FacebookやGoogleのアカウントで、
ログインできるようになっています。

ログイン方法を一本化しておけば、
多くのパスワードを覚えなくても
良いのです。

便利になったけれど、
ある心配事が増えます。

1つのパスワードが流出すると、
あなたが使っていたソフトなどが、
根こそぎ解除されてしまいます。




ソフトのセキュリティが、
解除されてもまだマシです。


Windowsのセキュリティが、
解除されてしまったら、
すべての情報が流出します。


Windows10は、
みんなをMicrosoftの製品で、
囲い込むことが狙いです。


Windowsのログインも、
さらにMicrosoftのソフトも、
1つのパスワードで解除できます。




便利ではあるけれど、
セキュリティの面からみたら、
たいへん危険な状態に陥ります。


いくら便利でも、
セキュリティが弱体化することが、
目に見えています。


Windowsのログインは、
ローカルアカウントで、
ログインするのが最善のはずです。


ローカルアカウントに戻す方法を、
調べまくって設定変更を試みました。




何度やっても途中で異常が発生して、
シャットダウンまでいきません。


途中で発生した異常がもとで、
強制終了してから再起動するように、
警告がでます。


ローカルアカウントにさせないため、
「Microsoftが嫌がらせしている?」
と勘ぐりたくなります。


この改善に夢中になりすぎて、
メルマガを書く時間が、
なくなってしまったのです。




どんなに便利になっても、
セキュリティを犠牲にしては、
本末転倒になります。


一番大事なのは、
セキュリティです。


Windowsのログインだけでも、
ローカルアカウントのままにして、
情報の流出を防ぎましょう。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたのセキュリティ強化のため、
私が軍資金をお渡しします。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です