海老で鯛を一本釣り

こんばんは、滋野一義です。

デッカイ夢を持てば、
大きな鯛?が釣れるようになります。

あなたは、
海老で鯛を釣ったことありますか?

私の田舎は長野県なので、
山はあっても海がありません。


川釣りをしたことないのに、
海釣りなんて論外です。

性格が短気のため、
魚が餌に食いつくまで待てません。

“海老で鯛を釣る”という諺を、
あなたは知っていますか?

今日の件名は、
この諺に手を加えたものです。


この諺の意味は、
小さい努力で大きな成果を上げる
ことです。

この諺をコーチングの観点から、
説明して行きたいと思います。


私の日刊メルマガでは、
夢・目標の設定の仕方を、
何度かお伝えしてきました。


コーチングから見た夢は、
実現不可能と思われる夢を、
設定するように推奨しています。


この方法は、
いわゆる“ショック療法”です。


不可能と思われる夢を持って、
実現すると確信することは、
大きな賭けでもあります。


夢を実現できるんだと、
確信を持つことで、
あなたの潜在意識が働きだします。


このままではいけないと、
危機意識が芽生えるからです。


潜在意識が、
今までの記憶をすべて検索して、
夢を実現できる情報を、
引っ張り出します。


引っ張りだされた情報が、
一般的に言われる“ひらめき”に
なります。


“ひらめき”は、
神様からのプレゼントではなく、
あなたの潜在意識が導き出した
答えです。


脳は、
あなたが現在忘れている記憶も、
ちゃんと記憶しています。


神経細胞とのつながりが悪くなって、
思い出せないだけです。


ほとんどのひらめきは、
忘れていた記憶の断片なので、
新鮮な情報と勘違いしてるだけです。


デッカイ夢を実現する方法は、
あなたの脳の中に、
答えが眠っているんです。

これにより、
あなたは海老で鯛を釣ることが
現実にできます。

すべての人生経験が、
あなたを夢に導いてくれます。

もしもあなたの記憶の中に、
夢実現の手段がなくても、
まわりからアドバイスという形で、
手に入れることもできます。


人間は、
気付かない所でシンクロする
ことがあります。

シンクロとは、
以心伝心のようなものです。

まわりが何かを察知して、
何気ない言葉の中に、
アドバイスが入っていたりします。


先が見えないデッカイ夢は、
こうやって実現に向けて
動き出します。

会社でおこなう目標の設定方法は、
現実をベースにして、
数倍止まりの設定です。

会社の将来がかかっているので、
大きな賭けができません。

しかし個人なら、
失敗してもやり直しがきくので、
デッカイ夢を設定して、
潜在意識を活用しましょう。

PS:

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


夢は必ず実現するから、
よりデッカイ夢を実現させましょう。


私のメルマガをご希望の方は、
こちらをクリックしてから、
ご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です