あなたを成功に導く原動力


こんばんは、滋野一義です。


あなたは死ぬまで、
夢を追い続ける必要があります。

あるビッグニュースが、
今朝飛び込んできました。

テニスの錦織選手が、
前人未到の4連覇したのです。

同一大会を4連覇した選手は、
すべてランキング1位になってます。

錦織選手の今年の活躍に、
大いに期待がかかります。

錦織選手の4連覇の影にかくれて、
ある残念なニュースがありました。

それは、、、

スキージャンプで活躍している、
高梨沙羅選手です。

13日の土曜日まで、
ワールドカップ13戦して、
優勝11回、2位2回でした。


今シーズンは10連勝を含む11勝で、
2位に400点以上の差をつけて、
一位を独走しています。

NHKのBS1で、
試合を深夜中継しているから、
私はつい見てしまいます。

毎週末寝不足になって、
とても辛い日々を過ごしています。


スキーのジャンプは、
飛距離と着地した時の姿勢を、
点数換算して合計点で争います。

1回目に40人が飛んで、
トップ30がさらに2回目を飛びます。

昨日の14戦で高梨選手は、
2位に500点以上の差をつければ、
5戦残して優勝が決まるはずでした。

しかし残念なことに4位となり、
今シーズン初の表彰台を逃した
のです。


13戦と14戦は、
スロバキアでおこなわれました。

ジャンプ台の改修工事があり、
工事後初のワールドカップです。

13戦で初めて飛んだ選手が多く、
飛び出すタイミングがつかめずに、
みんな悪戦苦闘していました。

地元スロバキア選手は、
地元の利をいかして、
高梨選手の11連勝を阻んだのです。


ただ今トップ独走中の高梨選手は、
13戦では無難にまとめて、
今季2回目の2位でした。

2位になっても、
ジャンプ台のタイミングを、
まだ掴んでいないようでした。

それが昨日の14戦で、
悪い方に出てしまったのです。

1回目はトップに立ったけれど、
2回目はジャンプを失敗して、
4位に沈んでしまったのです。


総合2位の選手が優勝したので、
高梨選手との得点差が400点弱に、
縮まりました。

19日におこなわれる15戦で、
2位と400点以上の差がつけば、
その時点で総合優勝が決まります。

15戦もNHKのBS1で中継があるので、
高梨選手を応援したい人は、
ぜひ見てください。


高梨選手はまだ19歳です。

2年前のワールドカップでは、
18戦中15勝した経験もあります。

ワールドカップ通算成績が、
優勝41回、2位15回、3位5回です。

高梨選手は若いので、
レスリングの吉田選手のように、
男女を通じて通算勝利数1位になる
日も近いはずです。


向かう所敵なしの高梨選手ですが、
昨シーズンは上手くいかずに、
総合2位でした。

しかし、
シーズン前のトレーニングがよく、
今シーズンの好調を維持しています。

ここまでダントツになると、
心配になってくるのが、
将来のルール変更です。

“日本人ばかりが、、、”と、
よく言われるアレです。


日本人ばかりがと言われますが、
日本人の被害妄想がひどすぎると、
私は考えます。

今のF1では、
メルセデスチームが強すぎて、
ファンが離れています。

どのスポーツ種目でも、
1人だけ飛び抜けて強いと、
人気が低迷する原因になります。

いろんな選手が、
接戦で優勝を争ってこそ、
スポーツは見ていて楽しいのです。


1人だけ強いと、
高梨選手のモチベーションが、
低下しないか心配になります。


ちょっとだけ手を抜いても、
勝てるようになるからです。


しかし今の高梨選手は、
その心配がありません。


優勝インタビューを聞いても、
自分なりの改善点がハッキリあり、
毎回反省しています。


スポーツ選手と経営者には、
ある共通点があります。


高梨選手のように一人勝ちすると、
心にスキができます。


心にスキができると、
さらなる高みに行くための努力を、
手抜きしてしまうのです。


さらにお金を無駄遣いしたり、
余計なことにまで手を広げたりと、
何をしても大丈夫と勘違いします。


ずっと勝ち続ける経営者は、
超一流アスリートと同じです。


今何が必要なのか?
今何が足りないのか?
自問自答を繰り返しています。


油断したときが、
あなたの成長がストップする
瞬間です。


高い理想をぶち上げて、
理想に一歩でも近づこうとすれば、
あなたは生涯現役でいられます。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの夢を実現してもらうため、
私が軍資金を用意しましょう。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」
をプレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です