人生の宝物を手に入れろ


こんばんは、滋野一義です。


どんなにお金があっても、
早死したら元も子もありません。

貧乏な人たちは、
生活が苦しくて嘆きます。

「こんな生活嫌だ!」と、
一生懸命働くでしょう。

銀行にお金が増えると、
もっと増やしたいと考えます。

こういう人は、
お金を貯める事が目的になります。

「大事なお金は旅させろ!」
という名言があるように、
お金は使えば増えていきます。

投資の教訓ともいえる名言です。

株やFXなど、
お金をつぎ込まないと、
増やすチャンスがありません。

株やFXでなくても、
この名言は当てはまります。


本当に欲しい商品を買うのも、
一種の投資と考えることが
できます。

欲しい商品を買うことで、
商品を所有している喜びを、
肌で感じられます。

さらに歴史のある商品なら、
商品の歴史に触れることで、
あなたの知識や経験が増します。

このような付加価値を、
あなたが手に入れられるのは、
お金を使ったからこそです。


いろいろ経験した結果、
あなたは一回りも二回りも、
大きく成長できます。

人生経験というのは、
お金に変えられないくらい
貴重です。

お金を銀行に預けているだけでは、
預金通帳の金額が増えるだけ。

余分なお金すべて、
銀行に預けてしまうから、
あなたの人生に変化が訪れません。


お金は、使うから価値があります。

ニヤケながら、
預金通帳を眺めるだけでは、
お金を持っていないのと同じです。

財布にお金が入っていないから、
今までの貧乏生活と、
まったく同じなんです。

銀行でお金を塩漬けにしていると、
お金の価値は限りなくゼロです。


もしもあなたが銀行で、
お金を塩漬けにしているなら、
今すぐ使い道を考えてください。

貧乏性の人にかぎって、
「お金を使えば減る」という風に、
考えがちです。

しかし成功した人たちは、
お金を使うことに抵抗ありません。

「お金を使う=投資」と考えます。


例えば人にお金を貸すときは、
人材に投資することだと捉えます。

お金をドブに捨てることになっても、
労働として返済してもらえれば、
御の字です。

その他でも、
人脈を広げることができれば、
投資した価値は十分あります。

成功する人はいろんな所に、
お金を投資してリターンを得ます。


何でも良いからお金を使えとは、
私は言いません。

あなたの生活が危うくなったら、
本末転倒になります。

余力がある分だけ、
お金を使う事をおススメします。

そういった事を考慮して、
あなたにアドバイスします。


どんな人にも共通するのが、
寿命です。

人間は必ず死にます。

人生が30年で終わるか、
80年続くかの違いだけです。


若いころの暴飲暴食が仇となって、
天命を全うできずに死ぬ人がいます。

私もそうでしたが、
健康診断を無視していたら、
大変なことになりました。

血糖値が高めだったのを、
私は数年間無視していたら、
医師がレッドカードを出したのです。

「どうせ予備軍でしょ」と、
高をくくっていたら、、、


医師から「糖尿病ですよ」と、
告げられたのです。


糖尿病といえば、
完治しないと言われています。


甘いモノが大好きだった私には、
「死の宣告」と同じで、
目の前が真っ暗になりました。


命に関わる病気になると、
いろいろと大変なことになります。


私はポッチャリ体型だったので、
体重を10キロ落としました。


それから毎日、
食事制限をしながら薬を飲み、
血糖値の上昇を抑えています。


成人病になると、
好きな食べ物が食べられないので、
ストレスが溜まります。


私のような過ちをしないために、
まずは自分の健康に投資して
みましょう。


まずは手始めに体調管理から、
取り組んでください。


体調管理することで、
毎日規則正しい生活になるので、
朝の目覚めが良くなります。


朝から全力で仕事ができれば、
あなたの昇給も夢ではありません。


お金が欲しいからといって、
身体を壊したら大変です。


治療費がかかるし、
健康に戻るまで時間をロスします。


そうならないためにも、
あなたの健康にお金を使って、
投資しましょう。


自分に投資するので、
お金の無駄遣いにならないから、
ドンドン投資してください。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたがいろいろ投資できるように、
私が軍資金を用意します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効利用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です