第2の人生を始動せよ!


こんばんは、滋野一義です。


今の仕事は楽しいですか?

“ハイ”と答えた方は、
このメルマガを読む必要ありません。

時間のムダなので、
別のメールをチェックしてください。

もしも“ノー”なら、
このメールは大変役に立ちます。

“ノー”と答えたあなたは、
次に進んでください。

人間というのは、
情熱が原動力になります。

イヤイヤやっても、
心がこもっていないので、
完成度の低い結果しかでません。

逆に情熱が溢れていると、
やりたくてしょうがないので、
時間を忘れて集中できます。

そうなってくると、
相手の要求以上の完成度で、
結果を残すことができるのです。


どうやったら、
情熱が溢れながら取り組める
のでしょうか?

そもそも仕事を好きでないと、
情熱が溢れることはありえません。

もしもあなたが、
車いじりが好きだとしましょう。

休みになるとカー用品店に行き、
店員さんとクルマ談義に花が咲く
でしょう。


車の部品を買ってきて、
日が暮れるまで作業をする
はずです。

自分のイメージ通りに、
部品を取り付けることしか、
考えていません。

時間を忘れ、
スマホゲームの事も忘れて、
しこしこと作業に没頭します。

難しい作業になると、
時間がかかり夜になっても、
夕飯を食べるのも惜んで、
作業を続けます。


出来栄えは、
どんなに時間がかかっても、
妥協しないでしょう。

自分のイメージ通りにするためなら、
どんな手段もいとわないのです。

極端なことをいうと、
月曜日の仕事をズル休みして、
完成させようとさえします。

あなたにとって好きなことは、
時間も労力やお金も関係なく、
熱中できるモノです。


好きなことをしてる時は、
人間は光り輝いてみえます。

積極的で妥協を許さない、
職人気質のように、
趣味に没頭できるのです。

このように、
好きなことをしてお金が稼げれば、
あなたはどんなに幸せでしょうか?


しかし世間一般の人たちは、
この考えに批判的です。

好きなことを仕事にしたって、
お金が稼げないというのが、
世間一般の人たちの考えです。

この考えの根底には、
“好きなことを仕事にしても、
お金は稼げない”という
思い込みがあります。


“それは本当なのか?”と、
私はあなたに問いたい。


“好きなことを仕事にしても、
お金が稼げない”という人ほど、
今の仕事が好きじゃないんのです。

今の仕事が好きではないが、
給料には満足している人たちです。

今の環境の中に入れば、
大金持ちになれないのは確かです。

しかし今の給料で、
気持ちいい暮らしができています。


気持ちいい環境に、
どっぷりハマっているから、
この環境の外に出たくないのです。

イヤな仕事を辞めると、
気持ちいい環境が壊れるから、
自分への言い訳に使っています。

あなたが趣味に熱中している時を、
思い出してください。

ワクワク、ドキドキして、
とても幸せな時間を過ごしている
はずです。


我々プロコーチは、
“好きなことを仕事にしない!”と、
みなさんにおススメしています。

好きなことをしている時は、
高いクオリティを、
無意識に要求しています。

みんな時間を忘れて集中して、
徹夜してもいいくらいの覚悟で、
取り組めるのです。

一番のいいところは、
お金を度外視していることです。


会社を辞めて独立すると、
最初は集客方法が分からないので、
収入が減るでしょう。


好きなことを仕事にしているので、
最初の苦労は屁とも思わずに、
挑戦できるのです。


集客のポイントが分かってくれば、
高いクオリティの仕事に、
注文が殺到するはずです。


好きを仕事にする一番の利点は、
あなたが提供するサービスを、
同じ趣味の人が顧客になってくれる
ことです。


同じ趣味なら、
あなたの悩みと同じ悩みを、
持っているはずです。


あなたの悩みを解決すれば、
同じ悩みの人にもサービスとして
提供できるのです。


ディープなマニアは、
自分の悩み解消のためなら、
多くのお金を支払ってくれるので、
狙い撃ちすればお金は稼げます。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


好きなことを仕事にする情報を、
定期的に配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です