月曜の朝、ルンルン気分で出勤する方法

こんばんは、滋野一義です。

サラリーマンの中には、
月曜日の朝を辛いと感じる人が多い。

「今日から仕事か。」と思うと、
気持ちが落ち込みます。


「なぜ休みが続かないんだ!」と、
出勤したくない気持ちになります。

何でそう思うのでしょうか?

朝はいつでも、
清々しい気分で目覚めるべきです。

会社には、
いろんなしがらみがあります。

まず最初に挙げるのは、
業務で成果を出すことを、
上司から求められることです。


上手く行くときもあれば、
失敗することもあります。

失敗が続くと査定に響き、
出世の道からはみ出すことも
あります。

次に挙げるのは人間関係です。

会社には、
いろんな考えや性格の人が
集まります。


あなたと意見の合わない人や、
性格的に好きになれない人が、
必ず数人います。

その人たちと反りが合わず、
関係がギクシャクすることも
あります。

こんな状態で、
毎日会社に出勤しなければ
いけないのです。

会社に行っても、
あなたはいいことがないと、
考え始めます。


次第に会社へ行くのが、
辛く感じるようになるのです。

サラリーマンには、
有休休暇が何日か認められてるので、
有給休暇を利用して、
会社をズル休みすることでしょう。

子供が登校拒否をするように、
あなたも会社に行きたくないと、
考えることでしょう。

しかし、
あなたは子供と違って、
家族の大黒柱です。


あなたの給料がなくなれば、
一緒にくらす家族を養うことが、
できなくなります。

「家族のため」と自分に言い聞かせ、
イヤがる心を強引に引き連れて、
出社するのです。


あなたの心と真逆の行動をすれば、
心の歪みが大きくなります。

それでも無理をしいれば、
心にヒビが入って、
いつしか心が砕け散ることでしょう。

あなたの心が砕け散ると、
心の病にかかり、
うつ病となってしまいます。

うつ病になると、
完治が難しくなります。


治ったと思っても、
上司や同僚の言葉や態度で、
またうつ病に逆戻りするリスクも
あります。

うつ病になる前に、
会社に行くことが、
楽しくてしょうがない状態になる
ことが一番の対処法です。

そんな夢みたいな方法が、
実際にあるんです。

どんなに疲れていても、
どんなにストレスがあっても、
朝起きたらスッキリと目覚める
方法です。


眠っている間に肉体と心の疲れを、
綺麗サッパリと洗い流すのです。

それには、
深く十分な時間眠ることです。

理想的な睡眠時間は、
6時間で十分です。

あとは深く眠れば、
朝の目覚めが良くなるのです。


深く眠るコツは、
「今日の疲れやストレスは、
眠ればスッキリとなくなる。」と、
眠る直前に自分に言い聞かせます。

この習慣を続ければ、
あら不思議、
次の日の目覚めが違ってくるので、
是非試してください。

PS:

サザエさん症候群を、
取り上げてみましたが、
いかがでしょうか?

さらに細かいアドバイスを、
日刊メルマガ完全版では、
書いています。


よろしければ、
私の日刊メルマガに、
ご登録してください。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です