貧乏脳って??

こんばんは、滋野一義です。

あなたが成功出来ない本当の理由は、
そもそも貧乏脳だからです!

人間の脳は大きく分けて、
2つに分類することができます。

1つ目は「金持ち脳」で、
2つ目は「貧乏脳」です。

金持ち脳と貧乏脳、
どのような違いがあると思いますか?

言葉のニュアンスからすると、
金持ち脳はお金をいっぱい稼げて、
貧乏脳はお金を稼げない?

では、
金持ちの脳から説明しましょう。

金持ち脳とは、
ソフトバンクの孫正義さんや、
ユニクロの柳井正さんなどが、
これにあたります。

金持ち脳の人は、
自分が思い描いた未来を、
実現できる能力をもっています。

自分を過小評価することなく、
常に自分を向上させます。

対する貧乏脳を説明しましょう。

貧乏脳とは、
あなたを含むその他大勢の人たちが、
これにあたります。

自分を過小評価しすぎる習慣が、
べったり染み付いています。

自分が思い描く未来は、
絵空事で実現するはずがないと、
思い込んでいる輩たちです。

現実に貧乏で、
まったく収入がない人も貧乏脳です。

一方で、
ある程度の収入があるにも関わらず、
貧乏脳をもつ人も実在します。

このかわいそうな人たちには、
ある共通点があります。

その共通点とは、
いつまでたってもあなたの心が、
満たされないことです。

収入があるのに満たされない、
貧乏脳になっている残念な人たちは、
家がモノで溢れています。

必要ないモノを買っちゃって、
「いつか使うはず」が、
合言葉になっているはずです。

よく言いますよね、
「いつか使うはず」は、
「一生使わない」と同義語です。

他人がもっているものを欲しがる、
これが貧乏脳がもつ特有の
思考法ですね。

他人と比較したがるから、
「あの人がもっているなら私も」と、
何でも欲しがっちゃうんです。

こんな調子じゃ、
年収が1億円あったとしても、
お金が足りなくなります。

いつもモノに心が囚われて、
幸せを実感できません。

これが貧乏脳の正体です。

年収が億を超えるから、
金持ち脳ではありません。

年収が1000万円だろうと、
500万円だろうと関係ないんです。

他人と比較することなく、
個人の価値観で全て判断します。

自分の価値観を満たせば、
大きな幸せを実感できます。

自分の目標に向かって、
突き進んで目標を達成すれば、
これほどの幸福感はありません。

あなたよりも、
お金持ちは世間にはたくさんいます。

貧乏脳の人は、
世界一のお金持ちになれたとしても、
一瞬満足するでしょう。

しかし時間が経てば、
新たな不満が出てきます。

貧乏脳は、
自らが作った幻想の世界を、
実現するあてもなく、
ただ漂流しているだけです。

他人と比較することは、
まったくの無意味なんです。

ナンバー1にならなくて良いんです。

自分自身を判断基準として、
あなただけの幸せを追求しましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

貧乏脳から金持ち脳に、
シフトチェンジしてくださいね。

私が提供する自己啓発系メルマガを、
あなたのメールボックスに、
毎日お届けします。

ご希望の方は、
こちらから登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください