あなたの正義、本当に正しいのかな?

こんばんは、滋野一義です。

世間では、
正義こそ正しいと言います。

では、
この正義とは何でしょうか?

あなたは正義を、
ちゃんと理解してますか?

正義とはなんぞやを知らずして、
正当性を主張しちゃいけません。

正義とは一般的に、
みんなが正しいと考えることです。

例えば、
・人を殺してはいけない。
・人のモノを奪ってはいけない。
・人に暴力を振るってはいけない。
など、、、

しかし正義は、
時と場所が変われば
いとも簡単に変わってしまいます。

それをあなたはご存知でしたか?

日本では銃を所有してはいけないが、
アメリカでは法律で認められてます。

日本では1人の女性としか
結婚できないが、
他の国では何人もの女性を一度に
妻にできることが法律で認められて
ます。

昔は日本でも、
源氏物語に書かれているように、
一夫多妻制が認められていました。

世界的に人を殺すと罪になりますが、
戦争中は敵国の兵士を多く殺せば、
母国の英雄になります。

このように、
国や時代が変われば、
倫理観に違いが出てきます。

法律で認められているか
いないかの違いでもあります。

日本国内だけに限れば、
正義は共通している部分が98%
あります。

残りの2%は、
各地の習慣による違いだったり、
個人的な思想の違いによります。

あなたが主張する正義は、
あなたの倫理観や思想からくる
ものです。

決して、
万国共通ではないんです。

あなたが正しいと思っても、
相手に通用しないことがあります。

「正義は我にあり」と言ってると、
まわりのみんなから仲間はずれに
される可能性があるので、
気をつけましょう。

絶対的な正義が、
存在しないと理解しているだけで、
まわりとコミュニケーションが
とれます。

あなたの正義を振りかざす前に、
相手の正義(習慣や思想)を
理解しましょう。

そして、
相手の立場になって考えれば、
相手を理解しあえます。

相手を理解できれば、
衝突する必要がなくなり、
落とし所が見つかります。

お試しあれ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください