自宅に眠っている金脈を掘り当てよう

こんばんは、滋野一義です。

日本のサラリーマンは、
お小遣い制の人がほとんどです。

電話代、家賃、光熱費など、
毎月支払うとお金が残りません。


給料が少ないからしょうがないと、
諦めていませんか?

そんなあなたに、
臨時収入を手にしてもらいましょう。

あなたが浪費家なら、
自宅はモノであふれていませんか?

浪費家でなくても、
以前に使っていたけど、
今はホコリをかぶっているモノが、
必ずあるはずです。


いらないモノを捨てようとしても、
今は資源回収がらみで分別しないと、
ご近所からクレームがきます。

何でも捨てられるわけではなく、
地域のゴミ回収業者に、
断れるモノも少なくありません。

専門業者に破棄を依頼すると、
高額な料金を請求されることも
多々あります。

このご時世、
いらなくなったモノを、
捨てるだけでも一苦労です。


そうなると、
捨てられずに自宅の片隅に、
放置されることになります。

うず高く積まれたいらいないモノは、
あなたの自宅で邪魔モノ扱いです。

そこで考えるのが、
リサイクルできないかです。

本ならブックオフ、
その他なら地元のリサイクル業者に、
持ち込むのが一般的です。


ブックオフやリサイクル店では、
相場が分からないので、
店員が提示する金額で売ります。

無知とは怖いもので、
店員が提示する金額を、
まったく疑うことがありません。

複数のリサイクル店に持ち込んでも、
提示される金額はほとんど同じです。

どうも、
リサイクル品にも相場が
あるようです。


私の経験から言うと、
状態が悪くない商品なら、
定価の10%くらいを提示されます。

販売予定価格から利益分を引くと、
ちょうど定価の10%が、
仕入れ値なるのでしょう。

定価の10%での買い取りは、
リサイクル店側の言い分です。

そのモノの価値は、
定価の10%に留まらない場合も
あります。


そのモノに対するマニアがいれば、
プレミアム価格が付くことも、
珍しくありません。

定価の2倍や5倍で、
取引されることがあります。

マニアに向けて販売すれば、
リサイクル店の買い取りよりも、
高く売れます。

しかし、
マニアを自力で探すのは、
至難のワザです。


そこで提案したいのが、
ヤフオク!です。

ヤフオク!は、
中古品では日本一の
オークションサイトとして、
日本中で認知されています。

日本中に散らばっているマニアは、
欲しい商品ないかと、
ヤフオク!を定期的に、
チェックしています。

モノの状態が悪いから、
売れないと思っても、
案外落札されるものです。


例えば、
くたびれたランニングシューズが、
落札されます。

自宅にあるいらないモノを、
全部かき集めて出品すれば、
10万円くらいにはなるので、
ヤフオク!を有効活用しましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

ヤフオク!で10万円を手にしたら、
あなたは何に使いますか?

実は、
日刊メルマガ完全版には、
私がおススメする活用法を
お伝えしております。

日刊メルマガ完全版は、
こちらから登録してもらうと、
読むことができます。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です