胸キュンを自宅から世界へ↑↑

こんばんは、滋野一義です。

情報発信していないあなた、
世間はあなたの存在すら知りません。

GW中から世間を騒がしている箱根。

ワイドショーなどで報道してるので、
あなたもご存知でしょう。

身体に感じる地震や感じない地震が、
1日に36回から266回と、
頻繁に起きています。

私にとって、
箱根は人ごとではありません。

私の地元では、
2014年に御嶽山が噴火して、
有史で最悪の死者をだしました。

噴火直後の山頂の様子が、
ケータイによって撮影されて、
テレビで放映されました。

御嶽山は、
活火山として知られていましたが、
研究の対象になっていませんでした。

山頂の変化を観測しても、
勇気をもって入山規制をだせずに、
大勢の犠牲者を生みました。

御嶽山と違って、
箱根には多くの研究機関が、
データをとっています。

マグマによる噴火ではなく、
地下に溜まった水蒸気の爆発が
心配されています。

これだけ研究者が監視して、
情報を提供してくれれば、
御嶽山のようにはならないでしょう。

ちなみに御嶽山も、
地下に溜まった水蒸気の爆発による
噴火でした。

箱根で現在心配なのが、
観光に関わる人たちです。

規制区域外で営業している人たちが、
大きなダメージを受けています。

規制区域から数キロ離れている、
旅館やおみやげ屋さんなど、
例年よりもお客さんが激減です。

一種の風評被害のように、
なっています。

人間は、
のほほんと生きてるだけでは
ありません。

生活の中からいろんな教訓を得て、
学習していく能力があることが、
他の動物と違う点です。

今回の箱根も、
いくらでも生きた参考書になります。

例えば、
情報発信がそれにあたります。

箱根の観光業が、
大打撃を受けないように、
情報を発信していく必要があります。

現場周辺の情報を、
「こんなに安全ですよ!」と、
日本中に宣伝するのです。

まったく情報がないなら、
「箱根はすべて危ない」と、
世間は考えます。

正確な情報と、
観光客を安心させるための情報を、
考えられるすべての手段を使って、
世間に知らせるのです。

例えば、
あなたがA子さんを好きだとします。

内気なあなたは、
A子さんに告白できません。

いつもA子さんを目で追っていると、
あなたをストーカーだと勘違い
されちゃいます。

あなたの思いを、
きちんと情報発信していれば、
最低でもストーカーと、
勘違いされずにすみます。

「沈黙は金」という言葉から、
一昔前の日本では、
黙っている男はステキでした。

しかし、いまは違います。

黙っていると、
存在しないものと同じです。

TwitterやFacebookなどで、
今は簡単に情報発信できるので、
「私はここにいます!」と、
自己主張していきましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

このような自己啓発系メルマガを、
毎日配信しています。

あなたのメールボックスに、
メルマガを毎日お届けすることが
できます。

ご希望の方は、
こちらから登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください