なぜ貧乏なのか知りたくないですか?

こんばんは、滋野一義です。


人間は、
2種類の生き方に分かれます。

一つがお金に困らない人生、
残りが貧乏から抜け出せない人生
です。

あなたが貧乏な人生なら、
今回のメルマガでお金に困らない
人生に変わるキッカケを掴める
でしょう。

あなたは、
お金に困らない人生と、
貧乏から抜け出せない人生の
どこが違うか分かりますか?

一言でいえば、
お金に対する考え方の違いです。


現在同じ年収だったとしても、
お金に対する考え方の違いで、
20年後や老後に大きな差となって
現れます。

昔はやった本のタイトルのように、
「お金持ち父さん、貧乏人父さん」と
なって現れます。

江戸時代は、
「宵越しのお金は持たぬ」という
考え方が粋であると考えられて
いました。

その日暮らしが一般的だった
からです。


江戸時代の平均寿命が、
30代だったと言われてます。

男女ともに30代で亡くなるなら、
その日暮らしでも良かったのです。

今の平均寿命は、
男女ともに80歳を超えました。

定年が60 ~ 65歳なので、
15年以上も年金や今までためた
貯蓄で生活しなければなりません。


こんな時代に、
「宵越しのお金は持たぬ」と
言ってると老後が苦しい状況と
なります。

だから、
将来に不安があるから日本人は
節約してお金を貯めます。

しかし節約だけで、
今後の人生に十分なお金が
貯まるのでしょうか?

年功序列制度が崩壊して
久しい現状では、
年収も頭打ちで増えないばかりか
減っている人まで現れてます。


さらに、
消費税の増税が追い打ちをかけ、
出費がどんどん増えてます。

こんな状況では、
節約だけでは不十分でしょう。

自分の欲しいモノを買えば、
お金は減っていきます。

これは、
普遍的な考え方です。


お金が減っも、
給料があるから大丈夫と
あなたは考えているでしょう。

この考えで一生を過ごせるはずが
ありません。

定年退職後は、
年金だけが収入になります。

そこで慌てて、
投資に走っても知識がないと、
詐欺にダマされたり大損する羽目に
なりかねません。


そこで私からの提案があります。

今からお金を増やす勉強を
始めましょう。

日本の銀行は、
お金を預けてもちっともお金が
増えません。

こんな状態なら、
自らお金を増やしていくしか
明るい未来はありません。


投資以外でも、
お金を増やす方法がいるらでも
あります。

勉強しながらお金を増やしていく
ことをおススメします。

日本政府がなんとかしてくれると
思ったら大間違いです。

報道されてるように、
日本は世界でもトップクラスの
借金大国です。


こんな状態で、
誰もが豊かに暮らせる老後対策が、
今後打ち出されるはずがありません。

自分で増やしていくしか
豊かに暮す方法がないので、
余計な出費を控えて
お金を増やす勉強をして
いきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です