私が悟った最後の切り札


こんばんは、滋野一義です。


絶対成功したいなら、
まずは神頼みをしなさい。

2月といえば、
受験シーズンですね。

受験生は、
高校受験や大学受験で大忙しです。

早い子供たちは、
中学受験する人もいます。

これから試験当日まで、
ラストスパートに入りました。

どんなに努力しても、
結果が発表されるまでは、
心が休まりません。

“受かるかな?”と、
疑心暗鬼になっています。

受験生の心が、
合格?と不合格?のはざまで、
揺れ動いています。

眠れぬ夜を過ごすことも、
当然あるでしょう。


受験生の定番といえば、
合格祈願をするために、
ご利益のある神社に出向きます。

“第1志望校に合格させて!”と、
絵馬に書いて奉納したり、
神頼みするでしょう。

神頼みしたからといって、
受験生の願いがかなう保証は、
どこにもありません。

なぜなら、
神さまが存在するという、
科学的根拠がないからです。


科学が進歩した現代では、
神さまの存在を証明するデータが
ありません。

神頼みして100%願いが叶うなら、
そこから何らかの存在を、
感じることができます。

神頼みしても不合格になる人が、
後を絶たないのが現実です。

神頼みしなくても、
合格する人は合格するし、
不合格になる人は不合格です。


今のあなたは社会人なので、
改めて進学を考えていない限り、
受験勉強をすることはないでしょう。

しかし社会人になっても、
合格しなければいけない案件が
あるはずです。

例えば昇格の是非を決める、
社内試験がこれにあたります。

さらにスキルアップの資格試験も、
今後のあなたの収入を左右する
でしょう。


どうしても合格しなきゃいけないと、
人間は追い込まれるケースが
あります。

急にあなたは自信がなくなり、
“不合格になったらどうしよう?”
と不安な日々を過ごすでしょう。

そうなれば受験生と同じように、
あなたもダメ元で神頼みする
はずです。

“どうか合格させてください!”と、
真剣にお祈りするでしょう。


科学的に存在を証明できないのは、
“神さまは存在しない”という事と、
まったく同じことです。

いくら神頼みしても効果がないと、
ハッキリと言いたいのですが、、、

神さまは実在しなくても、
神頼みは効果があるのです。

これは、真面目な話です。


私の実体験ですが、
高校から弓道に打ち込んで
きました。

弓道とは、
動かない的に矢を当てるだけの、
シンプルな武道です。

的が動かないから、
同時に競技をおこなえば、
みんな同じ条件で戦えます。

的に当たらないのは、
すべて自分の責任になります。


私には生まれながらに欠点があり、
あがり症が酷いのです。

私が緊張してしまうと、
的に狙いを定めながら、
身体全体が震えだします。

これが原因で、
何度となく的を外したことが
あります。

練習中には、
まったくそんなことが起きないので、
本番でド緊張する体質なのです。


ド緊張してしまう私が、
ある悟りをついに体得しました。

自分で当てようと思うと、
ド緊張してしまうので、
失敗する確率が高くなります。

そこですべての結果を、
神さまに委ねることにしたのです。

私的には勝ちたいけれど、
神さまの判断に任せるように
しました。


この方法がド緊張してしまう私には、
とても効果的でした。


勝てば自分の思い通りで、
負けれた時は“まだ早い!”と、
神さまが判断されたのです。


これなら負けても、
私は諦めがつくので、
悔いが残りません。


これを思いついてから、
私のド緊張する度合いが、
激減したのです。


私が悟った方法なら、
あなたの合否も神さまが、
すべて判断してくれます。


神さまに丸投げする格好なので、
あなたが抱いていた不安が、
一瞬で消えてなくなります。


どんなに不安な心境でも、
あなたが神さまにお願いしたから、
もう大丈夫です。


これであなたは、
肩の荷が下ります。


私が悟った方法の神さまは、
自分でイメージしているだけなので、
あなた専属の神さまです。


世間で神さまはいないと言うけれど、
あなたのイメージの中には、
あなた専属の神さまがいます。


人間がイメージしたモノは、
必ず実現するという法則があります。


この法則から、
あなた専属の神さまが実在するので、
あとは自分の合格を信じて、
努力を続けていきましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


神頼みと一緒に軍資金があれば、
あなたの夢が絶対に叶うはず。

そこで、
メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」
をプレゼントします。

こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です