暗黒クソ野郎から逃げ切れ!

こんばんは、滋野一義です。

社畜から抜けだす術は、
自己投資しか残っていません。

最近になって、
「社畜」という言葉を目にします。

社畜という言葉を使った、
本のタイトルも増えています。

あなたは社畜と聞いて、
どのように感じていますか?

ちなみに社畜とは、
「会社に飼い慣らされて、
自分の意志と良心を放棄して奴隷化
したサラリーマン」のことです。

私が22年勤めていた会社は、
田舎の企業でしたが、
東証一部上場企業でした。

2000年あたりから、
社員教育に力を入れ始めました。

各専門分野の講師を呼んで、
いろんな研修を企画してくれました。

研修費用はすべて会社持ちで、
社員のレベルに応じて指名されて、
研修に参加するスタイルです。

当時の私は、
この会社にいても未来はないと、
モチベーションが低く、
まったくやる気のない社員でした。

研修を受講するときも、
やらされている感が強く、
まったく身が入りませんでした。

当然ながら受講した研修も、
業務に活かすことができません。

給料体系が完全能力給に移行したら、
毎年のように評価が下がると同時に、
給料も下がりました。

このような状態に陥ることを、
「負のスパイラル」と言うんで
しょうね。

仕事も人生もすべてが、
やることなすこと上手くいきません。

私の場合は、
自爆した感が色濃く出ています。

しかし私も社畜だったため、
モチベーションが低かったと
考えられます。

多かれ少なかれ、
サラリーマンは社畜です。

会社が利益をあげ続けるには、
社員が会社の歯車の一部になる
必要があります。

そのための社員教育であり、
社内研修です。

全体のレベルを少しでも上げて、
利益に結び付けたいのです。

大きな会社ほど、
社員個人の能力を200%に
あげようなんて考えていません。

やろうとしても、
実現するはずがないのです。

これは、
社員が社畜化していることも
原因の一つです。

与えられることに慣れてすぎて、
自分から自発的に学ぼうとする
姿勢がありません。

自分でお金を払っていないので、
自分のふところが痛まないからです。

これによって、
あなたの研修に望む姿勢が、
どうでもいい状態になります。

社内研修を、
自己投資と考えられる人は、
自分のキャリアップに結びつけます。

その結果、
経営者マインドを手に入れて、
さっさと独立します。

当然このタイプの人たちは、
社畜ではありません。

社畜化しているあなたも、
社畜から抜け出す方法が残されて
います。

それは、
自分のふところを痛めれば、
元を取ろうとして研修を真剣に
受講します。

自己投資を積極的におこない、
ノウハウを見につけて、
社畜から経営者マインドに
変換しましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

自分で考えて行動することが、
人間の本来あるべき姿です。

このような自己啓発系メルマガを、
毎日配信しています。

私のメルマガを、
毎日受け取りませんか?

こちらをクリックしてから
登録していただければ、
あなたのメールボックスに
お届けします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください