ナゼここに奴隷が!


こんばんは、滋野一義です。


ポリシーを持たない人間は、
情報の奴隷として生きる運命です。

インターネットが普及して、
世界中とつながることができます。

地球の裏側で起きた事件が、
数分後にネットで報じられます。


身近なことでは、
地震速報がそれに当たります。

速報として全国の地震が、
YAHOO!JAPANで報じれるのです。

ネットはすでに、
生活の一部になってます。

パソコンの電源をONにすれば、
数分後には世界とつながります。


知りたい情報を検索すれば、
一瞬にして検索結果がでてきます。

分厚い本を何冊も読んで、
知りたい情報を調べる重労働から
開放されました。

あなたの専門分野や知識を、
ネットで世界に向かって、
配信することも簡単にできます。

ブログやサイトを立ち上げて、
あなたがもつ知識を書き込むだけ
です。


日記を書くような感覚で、
世界に配信が完了です。

あなたの知識を知りたくて、
世界中から検索されています。


こんなに便利はネットですが、
ある問題を抱えています。


実際に検索してみると、
いろんな意見と出会います。


極端な場合には、
真逆な意見も存在するのです。


180°違う意見があると、
どれを信じればいいのか、
迷ってしまいます。


ネット上に書き込んだ記事が、
とんでもなく古い記事の場合も
あります。


10年前、5年前の記事が、
今でも検索すればヒットします。


投稿日をちゃんと記載してあれば、
簡単に見分けられるのですが・・・


投稿者が記事を削除しなければ、
いつまでもネット上に残ります。


ネット上の情報は、
世界中の誰でも配信できるので、
内容にレベル差が生じます。


すごくディープな情報があれば、
中学生でも知ってる情報も。


稀にですが、
間違った情報やウソ情報も、
配信されています。


ネット検索以前の情報は、
本から情報を得ていました。


出版会社が事前に精査してから、
本として発売されます。


出版会社が、
フィルターの役目をしているので、
ある程度のレベルを維持した
情報として提供されます。


しかし現在は、
誰でも情報発信できる時代なので、
情報を精査するフィルターが
存在しません。


ネットによって、
欲しい情報が簡単に手に入る
時代です。

検索スピードの代償として、
あなた自身で情報を精査する必要が
できたのです。

ではどうやって、
情報を精査すればいいので
しょうか?


まず手始めは、
1つの情報だけを信用しては
いけません。

必ず複数の情報を確認して、
情報の精度を確認してから
信用しましょう。

情報にも鮮度があるので、
新しい情報を選ぶ方が安全です。

現代はスピード重視なので、
商品の仕様が変更になってることが
多くあるからです。


最後におススメする方法は、
あなた自身がポリシーを持って、
情報検索をおこなうべきです。

どういった情報を、
今必要としているのかを、
ハッキリと決めてから検索する
のです。

目的意識が鮮明になると、
問題もハッキリと見えてきます。

問題がハッキリすれば、
欲しい情報が簡単に見つかるので、
ポリシーをもって検索しましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


現代病への対処法も、
配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です