今日もぐっすり眠る裏技


こんばんは、滋野一義です。


あなたのパフォーマンスは、
最高の睡眠でベストになります。



いやはや、
今日はとても熱かったですね。

私の地元でも、
気温が33度を超えました。

暑いだけなら我慢できますが、
一日中まったく風が吹きません。

さらに湿度が高いので、
ジメジメして死ぬかと思いました。



私が事務所として使っている部屋は、
南向きで東西にも窓があるので、
昼間は蒸し風呂状態になります。

すべての窓を全開にしても、
まったく風が入ってこないのです。

地元は四方を山に囲まれているので、
湿気も少なくてカラッとした夏が
特徴です。

しかし今は梅雨なので、
ジメジメしてさらに不快感を
煽ります。




昼間はイスに座っているだけで、
お尻や腿裏がびっしょり汗をかいて、
あまりの暑さに頭がボーとします。

まったく仕事ができる環境じゃなく、
涼しい部屋に避難するしか
ありません。

こういう時期は夜も湿度が高いので、
布団に入っても寝付きが悪く
なります。

運良く寝れたとしても、
寝室の環境が悪ければ、
深く眠ることが困難になります。




もしも寝室にエアコンがあっても、
つけっぱなしで朝まで寝てると、
風邪をひくこともあります。

エアコンを使うなら、
必ずタイマーをセットして、
体調管理に気を付けてください。

使うと気持ちいいエアコンですが、
内部をクリーニングしないと、
カビが繁殖します。

内部のクリーニングをサボると、
いざ使ってみると、
カビ臭い匂いがします。




カビ臭いだけなら良いのですが、
繁殖したカビが部屋中に撒き散って、
あなたの体内に入ってきます。

夏風邪かなと思ったら、
カビが原因だったなんてオチも、
珍しくありません。

カビから自分を守るには、
定期的にクリーニングする必要が
あります。

内部のクリーニングとなると、
自分でおこなうのは、
とても難しいですよね。




専門業者にお願いすれば簡単ですが、
クリーニング費用の数万円が、
バカになりません。

何でも機械に頼るのは、
とても楽チンですが、
それには費用が発生します。

エアコンに頼らずに、
梅雨と夏を乗りきる方法を、
考えてみましょう。




できることなら、
お金のかからない方法があれば、
それに越したことはありません。

エアコンも良いのですが、
電気代とクリーニング代を考えると、
高価な方法になるでしょう。

そこで私がおススメしたいのが、
『アイスノン』です。

アイスノンを冷凍庫で凍らせて、
寝る時に枕として使うのです。




私が愛用しているのは、
「アイスノン ソフト」です。


通常のアイスノンよりも柔らかくて、
凍ってもタオルを巻いて枕にすると、
ヒンヤリして気持ち良いんです。


低反発枕を愛用していると、
最初は固くて違和感があります。


しかし数日我慢して使ってみると、
朝の目覚めがすこぶる良んです。




「頭寒足熱」と言うように、
頭を冷やすことはとても良いのです。


暑くて寝つけなかったのに、
アイスノンを使うだけで、
あっという間に寝れます。


気が付けば朝だったことが、
何度もありました。


そして朝から頭が冴えているのにも、
あなたはビックリするはずです。




どうしてアイスノンを使うと、
朝から頭が冴えまくるのでしょうか?


それは簡単に説明できます。


脳はあなたが起きている間、
一秒も休まずに働き続けています。


「知恵熱」という言葉がある通り、
疲労やストレスによって発熱します。




脳が完全に休めるのは、
睡眠しかありません。


脳が完全に休んでいる時に、
アイスノンで脳を冷やしてやれば、
脳の疲労やストレスを解消できます。


これで脳がリフレッシュできるから、
朝から頭が冴えまくるのです。


アイスノンを使う時には、
前もって冷凍庫から出しておくと、
少し溶けてゴツゴツ感が減ります。




アイスノンはAmazonで買えば、
900円もしないので、
投資する価値は十分にあります。


梅雨から夏にかけて、
通勤中も冴えまくっているので、
あなたのスキルアップに使えます。


昼までの午前中に、
クリエイティブな仕事をすれば、
今まで以上の成果を残せます。


良いことだらけなので、
騙されたと思ってお試しあれ!





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたがアイスノンを買うために、
私が軍資金を提供しますが、
大幅に金額をオーバーします。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です