同級生のつぶやき

こんばんは、滋野一義です。

今の仕事を辞めたいなら、
今すぐ行動を起こしましょう。

私が通っていた高校の同窓会が、
昨日行われました。

50歳と60歳になる卒業生が、
タッグを組んで準備します。

6ヶ月前から月イチで、
打ち合わせをしてきました。

大きなハプニングもなく、
無事終了できたのです。

同窓会が終了したあと、
同級生と担任が集ったので、
数十年ぶりに同級会も行いました。

連休ではなかったので、
集ったのは担任を含めて14人でした。

50歳になる年齢ですが、
老けた人や昔とかわらない人まで、
幅広くいます。

昔話に花が咲いたのです。

そんな昔話に混じって、
今からでも仕事を辞めたいと、
思っている人がいたのです。

日本は高齢化が進んでいくので、
会社の定年も65歳まで延びることが、
考えられます。

年金を受け取れるようになる年齢も、
だんだんと遅くなります。

年金を受給できる年齢を考えると、
60歳で会社を辞めても、
すぐに年金生活に移れません。

少なくとも5年以上先にならないと、
年金を受け取れないのです。

それが分かっていても、
会社を辞めたいという気持ちが、
勝ってしまいます。

好きな事をしながら、
余生を暮らしたいというのが、
彼の考えです。

寿命が短くなってくると、
自分に嘘をついてまで、
人生を歩むのが馬鹿らしいのです。

日本の平均寿命が80歳くらいなので、
60歳になるとあと20年しか、
生きられないでしょう。

自分の理想通りに生きるのか?

それとも自分の心に嘘をついて、
年金を受け取るまで働き続けるのか?

私だったら早く見切りをつけ、
自分の理想通りの人生を追いかけて、
会社を辞めます。

とは言うものの、
私はすでに理想を追い求めて、
3年半前に会社を辞めています。

しかし同級生に向かって、
「今すぐ辞めちゃえ」とは
言えません。

どうしても無責任な発言に、
なってしまうからです。

今すぐ会社を辞めても、
収入源がなくってしまったら、
今後の生活が困難になります。

未来で幸せになれなければ、
ベストはアドバイスになりません。

今すぐと言わずに、
十分な準備を整えてから、
会社を辞めるべきでしょう。

お金がない恐怖から、
借金を重ねてしまうので、
支払いが困難になり、
精神的に追い込まれるのです。

60歳までにどうなっていたいのか、
人生設計をすべきです。

私のように独身なら、
迷惑をかける人がいないので、
計画を前倒しにしても良いでしょう。

しかし奥さんや子供がいるなら、
あなただけの問題ではありません。

あなたが幸せになることが、
一番の目的だけれど、
家族も一緒に幸せにすべきです。

あなたが幸せにならなければ、
まわりの人を幸せにすることは
不可能です。

自分を犠牲にしても、
他の家族は喜んでくれません。

もしも喜んでくれるなら、
あなたへの愛情が薄れた証拠です。

そう長くない未来に、
「私と離婚してください」と、
奥さんから申し入れがあるでしょう。

急がないのであれば、
60歳で会社を辞めるために、
今から何をすべきでしょうか?

自分に問いかけて、
あなたにピッタリな答えを、
導き出してください。

60歳を過ぎて会社に残っても、
若手のように働くことができません。

能力給になっているので、
当然給料も削られていくでしょう。

収入が減っていくと、
やりたくない仕事の場合は、
モチベーションが下がります。

低下したモチベーションによって、
さらに成果の質も低くなります。

老いていく人生で、
イヤイヤ働いていても、
何も良いことがありません。

会社を辞めることを前提に、
人生設計をしましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

あなたが人生設計できるように、
私が後押しします。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。

こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください