超簡単!会社を休む裏技


こんばんは、滋野一義です。


“会社がイヤだ!”と思ったら、
あなたはどうしますか?

台風は通過したが、
一部地域でまだ雨が降っています。

しかし私の地元では、
久しぶりに天気がいいです。


秋晴れで天気がいいと、
外出したくなりませんか?


“そうだ、ドライブに行こう!”
という気分になります。

でも今日は木曜日で、
会社が休みではありません。

こんな時はドライブを諦めて、
会社に行くことでしょう。


しかし、
奥の手というものがあります。

それは、
私もやった事があるアレです。

会社を円満に休む方法は、
体調不良を理由にして休みを
認めてもらうのです。

私はサラリーマンを、
22年間してました。


身体が丈夫なので、
身内の不幸以外で休んだ経験は、
ほとんどありません。

しかし、
過去に数回だけ体調不良で、
会社を休んだ経験があります。


22年間サラリーマンしてましたが、
半分は会社を辞めたくて、
悶々とした日々でした。


この期間に、
数回だけ体調不良が起きたのです。


体調不良の原因は、
身体中がかゆくなって、
仕事に集中できそうにない状態に
なるのです。


朝一番で職場に電話をして、
体調不良を説明して休むと伝え、
その後二度寝をします。


不思議なもので、
二度寝から目が覚めると、
体調不良のかゆみが、
ほとんど治っています。


休みをもらっているので、
昼間は外出してやりたいことを
エンジョイしました。


身体中がかゆくなるのは、
ストレスが溜まって、
“もうイヤだ!”となった時に、
その症状が発生したのです。


当時の私は、
“ラッキー!”としか思って
いませんでした。


どうして、
体調不良がグッドタイミングで
起こるのでしょうか?


この疑問が、
最近やっと分かりました。


それは、
自分の脳が体調不良を起こして
いるんです。


通りでタイミングが良すぎる
はずです。


自分の脳が起こす体調不良なので、
見方を変えると自作自演とも
言えるでしょう。

私の経験は軽い症状でしたが、
もっと重い症状を起こすことも
あります。

例えば、胃潰瘍がそうです。


大事な業務の担当になると、
プレッシャーを毎日背負って、
長い期間ストレスにさらされます。

ストレスに耐えられる容量は、
人によって違います。

もしもあなたが、
ストレスに弱い人間だとしたら、
毎日胃がキリキリと痛くなる
でしょう。

もうダメだと思った瞬間、
脳が“休みなさい”と判断して、
胃潰瘍に悪化させます。


胃潰瘍の例からも分かるように、
脳が病気をつくっているとも
言えます。

それなら、
逆もできると思いませんか?

そうなんです、
あなたの脳が病気をつくれるなら、
病気を治すことも可能なんです。

さらに飛躍すれば、
未来の病気も予防できます。


“私は健康である!”と、
リアルなイメージで毎日唱えれば、
病気のリスクをなくすことが
できます。

自分の健康は当たり前だと思うと、
突然健康診断に引っかかり、
健康のあり難みを知り後悔します。

日頃からの体調管理と、
リアルイメージによって、
健康な毎日を過ごしましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたに有益な情報を、
毎日配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です