大嘘つきは『お前だ!』


こんばんは、滋野一義です。


他人を誤魔化せたとしても、
自分を誤魔化すことはできません。



人間の心の中には、
本音と建て前が同居しています。

他人に向かって見栄を張ったり、
けなしたりします。

これは人間の欲求なので、
ほとんどの人が避けられません。

しかしあなたの本心は、
今のあなたと真逆だとしたら、、、



アメリカに、
アブラハム・マズローという
心理学者がいました。

マズローは人間の心理を研究して、
「自己実現理論」を発表しました。

マズローの「自己実現理論」とは、
・生理的欲求
・安全の欲求
・社会欲求と愛の欲求
・尊厳の欲求
・自己実現の欲求
の5つに分けられます。


今回問題としているのが、
「社会欲求と愛の欲求」と、
「尊厳の欲求」です。




「社会欲求と愛の欲求」とは、
会社やコミュニティの中で、
みんなから必要とされたい欲求です。

もっと簡単に説明すると、
人間関係がうまくいって欲しいと、
願うことです。

同僚や家族、そしてご近所さんと、
良好な関係を築きたいのです。

そのためには、
少しくらいの犠牲を払ってでも、
見栄を張りたくなります。




もう一方の「尊厳の欲求」とは、
あなたが社会的地位や名声など、
世間から認められたいのです。

今世間を騒がせている、
某都知事もこの欲求にやられた
1人でしょう。

当選した当初には、
都民のためという崇高な思いが、
今の都知事にもあったはずです。

しかし時間が経つと、
大きな権力を手に入れた事によって、
初心を忘れてしまうのです。




このような2つの欲求を、
あなたを含めた人間すべてが、
持っています。

みんなが持っている欲求ですが、
その欲求に振り回されて、
自分を見失う人もいます。

その反対に、
2つの欲求があるにも関わらず、
まったく見栄を張らない人もいます。

この2つのタイプの違いは、
どこにあるのでしょうか?




2つの欲求に負けてしまう人は、
基準を周りの人たちに置いています。

「周りからどう見られているか?」、
そればかりが気になるのです。

他人が基準になっているので、
他人よりもレベルの高い生活をして、
上位に立ちたいのです。

他人よりも上位に立つためなら、
お金や時間を惜しまないタイプです。




まったく見栄を張らない人は、
他人に関係なく自分を基準にして、
物事を考えます。

お隣さんが高級車をもっていても、
買い物だけなら軽自動車で十分だと、
割り切れるのです。

カウンタックをデザインした、
イタリア人デザイナーは、
自宅でワゴンRを愛用しています。

このデザイナーは、
「世界で最も優れたデザイン」だと、
日本の軽自動車を褒めてくれます。




カウンタックと言えば、
数千万円はします。

それに対してスズキのワゴンRは、
100万円くらいです。

価値観の違いとも言えますが、
他人の目を気にしていない事だけは
分かります。




多くの日本人たちは、
周りの目ばかりを気にしすぎて、
自分というものを見失っています。


イタリア人デザイナーのように、
車の価値は金額ではないので、
モノの本質を見抜くべきでしょう。


私も話のネタとして、
スーパーカーに乗ってみたい欲求が
あります。


しかし田舎の道は、
キレイに舗装されていないので、
車体の低い車は向きません。




私はオメガやタグホイヤーなど、
高級な腕時計をあつめた事が、
過去にあります。


しかしある理由から、
すべてを処分したのです。


私が腕時計を処分したのは、
金属アレルギーになってしまった
からです。


腕時計をしていると腕が痒くなり、
ガマンできないので、
今でも腕時計はしません。




他人と比較していると、
キリがなくなります。


最初はご近所さんだとしても、
だんだんエスカレートしていくと、
アラブの石油王と張り合うかも?


他人と張り合ったとしても、
あなたの本心は決してそれを、
望んでいないはずです。


あなたの心の叫びだけに耳を傾けて、
自分を基準にして嘘をつかずに、
人生を歩んでいきましょう。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが心の叫びに気付いて、
成功できるように、
私も微力ながら協力します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です