残業なんてクソ喰らえ!


こんばんは、滋野一義です。


時間をかければ良い時代は、
すでに終わりました。



日本人は昔から働き者だと、
世界から言われています。

これは勤務時間が長いことが、
原因です。

日本でも法律によって、
労働時間を制限されています。

しかし世界の方が、
もっと制限がキツいのです。



仕事が終わらなければ、
残業もやむ無しになるでしょう。

そうやって長い時間働けば、
手当てがついた時代もありました。

しかし今は違います。

「サービス残業」という言葉が、
一般化しています。




サービス残業とは、
言葉の通りサービスで残業するので、
会社から手当てをもらえません。

残業が毎日続いていくと、
あなたの身体の疲れが抜けない
でしょう。

身体が疲れていくと、
あなたの心までも疲弊して
いきます。




どんなに仕事が忙しくても、
自分の身体を壊してしまったら、
元も子もないのです。

疲れが溜まる前に、
心と身体をリフレッシュさせる
べきです。

30代の後半から、
体力が落ちていきます。

リフレッシュしないと、
年齢を重ねるごとに、
残業がキツくなります。




ここまでは、
残業ありきで話をしてきました。

では残業をしなければ、
どうなるでしょうか?

残業をなくしたある企業が、
どうなったのかお伝えします。




ある女性下着メーカーが、
ノー残業デーを実施しました。

社長が先頭になって、
終業時間になると、
各フロアの電気を消します。

残業している社員に対して、
「早く帰れ!」と、
帰宅させたのです。




「早く帰れ!」と、
社長から言われたら、
社員は帰宅するしかありません。

やり始めたときは、
仕事が終わらないので、
溜まっていく一方でした。

しかし人間とは不思議な生き物で、
ノー残業デーを何回も経験すると、
時間内で仕事が終わります。

今までよりも仕事に集中することで、
無駄な時間がなくなって、
時間内に仕事が終わるのです。




今のあなたの仕事ぶりは、
無駄のオンパレードなのです。

「今日も残業だな」と思った瞬間、
終電までに終われば良いという、
甘えが生まれます。

これによって、
時間に対する感覚がスローになり、
いつも終電で帰宅になります。

どんな仕事でも、
終業時間で帰るようにすれば、
仕事のやり方が変わります。




私がサラリーマンの頃、
会社で「トヨタ生産方式」を、
導入した経験があります。

トヨタ生産方式とは、
トヨタで考えられた生産方式です。

ベルトコンベアを使わずに、
受注生産をおこないます。

派手で大きな機械を使わずに、
カスタム対応できる機械を、
使うのです。




私が学んだ「トヨタ生産方式」は、
「やってみてから考えろ」という、
キャッチコピーがありました。


最初のころは、
「やってみてから考えろ」とは、
意味不明と思っていました。


しかし今になって、
「やってみてから考えろ」の意味が、
ようやく分かってきたのです。




人間は考えすぎてしまうと、
行動できなくなります。


考えるよりも先に、
行動に移すために編み出された、
究極の言葉だったんです。


最初は戸惑いますが、
何回も経験しているうちに、
帳尻合わせのコツを編み出します。


1ヶ月もすればあなたは、
終業時間で帰宅することに、
対応できるようになります。




これからは成果の出来栄えによって、
給料が決まっていきます。


あなたが無理に残業しなくても、
良いはずです。


終業時間に帰宅することで、
あなたの労働時間を減らして
いきましょう。


労働時間を削りながら、
成果をだし続けて、
あなたの評価をあげてください。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが成果を出せるように、
私が援助します。

「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です