失敗⇒“リカバー”が重要


こんばんは、滋野一義です。


被害者づらする人には、
幸運の女神は訪れません。

今日こそは、
やめようと思っていた事があります。

それは先週から続いている、
寒さに関連した記事です。

しかしながら、
今日もダメかもしれせん。

どうしても伝えたいことが、
寒さに関連しているからです。

それは午前中に起こりました。

私はサラリーマン時代から、
朝シャンすることが習慣になって
います。

朝シャンする理由は、
寝癖がひどいのと、
髪の毛が太くて多いからです。

整髪料を使っても、
髪の毛を整えられない人に、
朝シャンはおススメです。

どうせ朝シャンするなら、
徹底的にやろうと思い、
朝風呂にも入っています。

朝風呂にはいる習慣が、
今でも継続しています。

今日も朝風呂にはいった時に、
事件が起きました。

それは、、、


な、な、なんと、
シャワーから水が出るのに、
お湯がまったくでないのです。

お湯を全開にしても、
一滴の水分も出ません。

今は冬ですが、
今年最大の大寒波がきているので、
浴室にいるだけも寒くて震えます。

お湯がまったく出ないので、
風邪をひくんじゃないかと、
私は危機感を感じました。


シャンプーすることを諦めて、
身体だけ洗うことに変更したのです。

しかし裸の状態でお湯が出ないのは、
とても惨めな感覚に襲われます。

この時私は、
“ついてない!”と思いましたが、
まったく悲観しませんでした。

私が考えたのは、
“シャワーからお湯が必ず出る”
という思い込みがあったと、
気付かされたことに感謝したのです。


運の悪い人に共通している習慣は、
被害者づらをすることです。

“どうして私が?”と、
考えたがる人たちです。

自分の運が悪いのは、
すべて他人のせいであると、
責任転嫁します。

自分が傷つきたくないから、
他人に責任を擦り付けるのです。


実は私もサラリーマン時代は、
責任転嫁してきました。

“私は悪くない!”と、
鉄のカーテンを引いたのです。

簡単にポキッっと折れるくらい、
私の心がとても脆かったからです。

しかし私はコーチングを学びながら、
人間の心の弱さと強さも学んだ
のです。


失敗には必ず原因があります。

失敗の原因に気付かないと、
また同じ失敗を繰り返すことに
なります。

失敗したことに対する反省は、
絶対に必要になります。

しかし反省ばかりでは、
ネガティブ思考に支配されて
しまいます。


我々が指導するコーチングでは、
失敗の原因さえ分かれば、
その後は一切反省させません。

反省を禁止する理由としては、
失敗した記憶を何回も思い出すから
です。

失敗の記憶を思い出すたびに、
あなたの脳に深く記憶されます。

未来で同じような場面になった時、
失敗の記憶が自動的に再生されて、
再び同じ失敗を繰り返すことに
なります。


何回も同じ失敗をくり返すと、
あなたの心がズタズタに引き裂かれ、
自分に対する自信がなくなります。


そうなったら、
もう廃人と同じです。


あなた自身が、
率先して行動を起こそうという、
ポジティブ思考がなくなるのです。


結果的にあなたは、
ディープなネガティブ思考になり、
幸運の女神から見放されます。


今日の私は、
お湯が出ないという失敗をしました。


しかし責任転嫁することなく、
お湯が出ないこともあるんだと、
知識を増やすことに成功したのです。


あとで分かった事ですが、
今日は今年1番の冷え込みだった
のです。


雪国では凍結防止対策として、
水道管にヒーターを
巻いています。


しかし給湯器からの管には、
凍結防止対策が甘かったから、
お湯が出なかったのでしょう。


その証拠に、
午後になって気温が上がると、
お湯が出るようになりました。


今回の私の失敗から、
学んだことがあります。


一年中お湯が出ることは、
当たり前ではなく非常識だったと
気付きました。


寒さが厳しい冬には、
お湯が出ないこともあると、
知ったことでこれからの対応が
変わるでしょう。


この世に絶対という常識がないので、
失敗しても責任転嫁することなく、
前向きに改善してください。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


失敗を糧にするための軍資金として、
メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」
をプレセントします。

こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です