破綻目前!年金当てにすんな


こんばんは、滋野一義です。


あなたは、
お金の勉強をしてますか?

人間の世界では、
お金が重要な役割をはたしています。

お金がなければ、
物々交換しなければなりません。

同じ価値のモノと、
交換するすることになります。

物々交換する場合、
価値の低いモノなら簡単でしょう。

消しゴムが欲しければ、
ジャガイモと交換するとか・・・

逆に高価なモノが欲しい時は、
どうすればいいのでしょうか?

例えば建売住宅が欲しい場合、
どんなモノと交換したらいいのか
困りはてます。


モノと物々交換することに、
必ず限界が生じます。


だから、
先人たちは物々交換の代わりに、
お金という価値観を見つけました。


1万円札には、
1万円分のモノと交換できると、
国が保証したのです。


1万円札が世界で使えると思ったら、
大きな間違いです。


日本政府が、
1万円札の価値を保証しています。

しかし1万円札を出しても、
海外で買い物できるお店は、
ほとんどないです。


1万円札を現地の通貨に両替して、
現地の通貨で買い物をするのが
一般的です。


もしも日本政府が、
“1万円札の価値を1円に下げる”
と宣言したらどうなるでしょうか?


あなたが持っているお金は、
すべて1万分の1の価値になります。


例えば銀行に1000万円預けていたら、
1万分の1の価値になると、
実質1000円分の価値になって
しまいます。


これは、
ハイパーインフレにならないと、
実際には起きない現象ですが、
日本でも過去に経験しています。


世の中を便利にしたお金ですが、
なぜかお金は“汚い”という
感情を持っている人が多くいます。


借金が返せなくなって、
一家心中したり、
保険金目当ての殺人が起きたり・・・


お金がらみの暗い情報が、
ニュースで流れるためでしょう。


あなたもその他大勢と一緒で、
お金は汚いモノだと思ってますか?


お金は汚いモノだと、
私はまったく考えていません。


お金が汚いんじゃなく、
目の色を変えて、
お金に群がる人たちの心が
汚いのです。


お金には“キレイ”も“汚い”も、
まったく色がついていません。


そんな色眼鏡で見ているあなたが、
とても汚れてると思いませんか?


お金について、
小学校や中学校、そして高校でも、
何も教えてくれません。


起業したり投資をしようとしても、
やり方がまったく分からないから、
失敗する人が多いのです。


銀行にお金を預けていても、
まったくお金が増えない現状です。


年金が将来どうなるか不透明なので、
自分のお金は自分で増やすしか、
老後の生活を確保する方法が
残っていないのです。


自分のお金を増やすには、
どうしたらいいのでしょうか?


成功した人たちは、
“お金には旅をさせろ!”と
言います。


さらに成功者たちは、
“お金は使っただけ、
自分の手元に戻ってくる”とも
言います。


お金を使うと、
市場でお金が循環します。

お金が循環するから、
自分の手元に戻ってくるのです。

時間がかかるかもしれないけれど、
必ず手元に戻ってくるように、
経済の仕組みができています。

お金を使うことによって、
いろんな経験もできるので、
一石二鳥となります。


安倍総理も、
“稼いだお金で投資して、
自分でお金を増やしましょう”と
言っています。

“老後のお金は、
個人で増やしなさい”というのが、
日本政府の方針です。

積極的にお金に旅をさせて、
老後の資金としてリターン
させましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


老後の人生も豊かにする情報を、
メルマガで配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です