負け組が知らない非常識


こんばんは、滋野一義です。


仕事でパソコン使うなら、
これ出来ないと超一流になれません。

仕事でパソコンを使う人が、
だいぶ多くなっています。

パソコンで文章を作成したり、
デザインだって描けます。

画像の加工もできるので、
パソコン無しでは仕事になりません。

パソコンの入力を、
キーボードでおこなう限り、
キーボードを打つ速さが、
作業スピードに直結します。


パソコンには、
キーボード以外にも
マウスが必要です。


キーボードは、
文字や数字の入力を担当します。


マウスは範囲を指定したり、
タブなどの場所を移動する時に
使用します。


マウスを使う時は、
右手で操作するので、
一旦キーボードから右手を離す
ことになります。


マウスの操作が終わると、
右手をまたキーボードに戻します。


一旦手を離すと、
元に戻しても定位置のポジションに
戻ったかどうかを確認しないと
いけません。


いい加減な位置に戻すと、
入力間違いにつながる恐れが
あるのです。


マウス操作するために、
右手をマウスに移動させる時間と、
キーボードに右手を戻して、
位置確認する時間がかかります。

この時間を省くことができれば、
あなたの仕事に費やす時間を、
大きく短縮できると思いませんか?

超一流のビジネスマンは、
これをクリアしている人が
たくさんいます。


パソコン作業を短縮する方法は、
マウスを極力使わない事です。


“えっ、ムリだよ!”と、
言いたい人もいるでしょう。


すべて無くすことはムリですが、
一部をキーボードで代用する事が
できます。

マウスの操作を、
キーボードで代用するには、
ショートカットキーを使うのです。


私がパソコンと出会ったのは、
大学生1年生の時で、
ちょうど30年前になります。

工学部だったこともあり、
フォートランのプログラム作成で、
使用したのが初体験でした。

社会人になると、
またパソコンから離れました。


会社からパソコンが支給されたのが、
30歳ごろでした。


パソコン遅咲きの私も、
ショートカットキーのことは、
以前から知っていました。

幾つかのキーを組み合わせる事で、
いろんな事ができることも
知っていましたが、
まったく覚えられなかったのです。

しかし私に、
ある転機が訪れました。

仕事に役立つ
ショートカットキーの紹介記事に、
偶然出会ったのです。


暗記しようとしてもダメなので、
メモにまとめて、
必要なときに見れるようにした
のです。

仕事で使う頻度が多いモノは、
使っていくうちに自然と覚えます。

“どうしてこれを使わなかったん
だろう?”と、
不思議なくらいスピードアップ
します。


仕事に活用できる
ショートカットキーだけを、
メモを見ながら使ってみませんか?

私のおススメは、
エバーノートやPC付箋にメモして、
覚えるまで横に表示して
おきましょう。

キーボードだけで、
ほとんどの作業が終わるので、
仕事がはかどります。


覚えてしまえばこっちのもので、
習慣化するまで根気よく取り組めば、
仕事が加速していきます。

仕事が早く終われば、
今までムリだった定時の帰宅も
可能です。

騙されたと思って、
ショートカットキーに、
一度挑戦してみてください。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


時短に関連する方法を、
メルマガで配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です