プレッシャーと無縁になる3つの方法

こんばんは、滋野一義です。

プレッシャーに弱い人がいます。

お腹が痛くなったり吐き気がして、
実力を発揮できません。

プレッシャーに弱いと、
チャンスをすべて逃してしまいます。

自分で自分を追い詰めて、
どうするんだよ。

そんなのやめちゃえばいいじゃん。

プレッシャーに弱い人は、
自分の番が回ってくるまでに、
「どうしよう」と不安に陥ります。

「自分は上手くできるのか?」とか、
「失敗したらどうしよう?」とか、
「うまくいくはずがない」と
考えます。

その結果、
本番で大きなミスを犯すのです。

それが習慣化して、
「私にはできない」という
何でも諦める超ネガティブ思考に
なります。

何を隠そう、
私も5年くらい前まで、
プレッシャーに超が付くくらい
弱い人間でした。

私の場合は、
子供の頃から筋金入りの
「あがり症」でした。

緊張しすぎて、
職場の会議で発言できない
ほどひどい状態でした。

高校生の時から、
どうすればプレッシャーや
緊張から開放されるかと、
方法を探してきました。

探せばいい方法があるんですね。

この方法を見つけるのに、
約28年かかりました。

内容は、
本当にシンプルなものです。

プレッシャーに弱いあなた、
是非とも参考にしてください。

一番簡単な方法は、
「諦める」ことです。

過度な期待や成功を望むから、
失敗したらどうしようと
考えるのです。

最初から諦めるんじゃなく、
直前までしっかりやりきって
ください。

やりきったら、
それ以上の期待をしないことで、
プレッシャーからの解放を
ねらうのです。

もっとマシな方法は、
「神さまにお任せする」ことです。

「諦める」のと、
どこが違うと思いますか?

それは、
直前までまったく同じですが、
本番に対しての心構えが違うんです。

本番の成功を願いますが、
「結果は神のみぞ知る」とすれば、
結果を神さまに丸投げして、
プレシャーからの解放を狙います。

2つの方法を、
約28年間ずっと探し求めてきた
答えだと思ったら大間違いです。

本当の答えはこれからです。

プレッシャーの真の原因を、
やっと見つけました。

プレッシャーの真の原因は、
あなた自身だったんです。

プレッシャーという言葉を聞くと、
上司や周りからあなたに与えられる
ものと考えがちです。

それは間違った考え方です。

プレッシャーの正体は、
あなたが自分に対して、
勝手に与えている緊張です。

あなたが、
将来起こるかどうかも分からない
失敗を心配するから起こるんです。

自分自身で、
自分を緊張させてプレッシャーを
かけているだけです。

原因が分かれば、
プレッシャーを撃退することは、
超簡単です。

常々あなたにお伝えしている
成功法則を覚えていますか?

「人間は、イメージできないことは
実現しない」という法則を応用すれば
プレッシャーとおさらばできます。

「失敗したらどうしよう?」
と考えるから、
実現して必ず失敗します。

それなら、
「絶対に成功する!」と考えれば、
実現して必ず成功するんです。

「絶対に成功する!」と考えると、
不安がなくなるから緊張しないので、
プレッシャーを自分に与えることも
ありません。

起こってもいない未来に対して、
不安に思っても取り越し苦労なので、
未来を心配することをやめましょう。

PS:

私はコーチングを学んで、
プレッシャーと無縁になりました。

「人見知り」と「あがり症」を、
克服できました。

あなたを、
どうやっても成功して、
リッチマンになれるように
導くことが得意です。

あなたが超ポジティブ思考になれば、
取り越し苦労や不安、失敗と
さよならできます。

朝起きて、
不安がなくてウキウキしている
自分をどう思いますか?

憧れませんか?

現状から考えれば、
夢のような暮らしですよね。

そんな未来に、
コーチングであなたを導きます。

あと数日で2015年です。

来年こそはいい年にするために、
コーチングを受けたい方は、
こちらからお問い合わせください。

https://pec01.com/url/mfb20141227/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください