暗黒を連想する未来予想図

こんばんは、滋野一義です。

あなたの将来にとって、
一番大事なことをお伝えします。

日本はこの先、
少子高齢化が加速します。

子供の数が減る一方、
高齢者が増えていきます。

生まれてくる子供の人数が、
減っているのが原因です。

政府は2000年代から、
少子高齢化問題に対して、
警鐘を鳴らしてきました。

2007年から、
少子化対策担当大臣をつくり、
解決策を模索しています。

今年で8年目になりますが、
決定的な解決策は、
残念ながら見つかっていません。

少子高齢化で最初に困るのが、
年金です。

自分で稼いだお金を貯めて、
定年後に年金として受け取れば、
何の問題も起きません。

しかし今の年金制度は、
そんな単純な仕組みではない
のです。

労働者が稼いだお金の中から、
現在の高齢者に年金を支払って
います。

これから“若者=労働者”は、
減っていきます。

高齢者は、
医療の進歩で寿命が延びるので、
逆に増えていきます。

例えば年金を、
若者1人が高齢者1人を、
負担しているとしましょう。

少子高齢化が進む未来では、
若者1人で高齢者数人を負担する
ことになります。

若者1人で、
高齢者数人の年金を負担すると、
どうなるでしょうか?

あなた1人で、
複数の高齢者の年金分を、
負担するんです。

これから先の年金は、
受けとる金額を維持するために、
徴収される金額を増やす案が
あります。

もう1つの案は、
若者の今の負担金を維持するなら、
将来受けとる年金の金額を減らす
しかないのです。

どちらの案にしても、
“若者=労働者”に対して、
何もいいことありません。

多くお金をとられるか、
もらえるお金を減らされるかです。

どっちにしても、
損をするのは“若者=労働者”
です。

若者の負担は、
年金だけではありません。

世界における日本の地位は、
国際貢献によるところが大きい
のです。

後進国に援助したり、
国連などでもお金を多く
提供しています。

国際貢献につかうお金は、
何処から出ているのでしょうか?

政府の収入は、
すべて税金になります。

日本の今の地位を、
キープしようとしたら・・・

バカでも分かりますよね。

“国の収入=税金”を減らしたら、
日本の地位がケープできません。

ここで1つ、問題が起きます。

少子高齢化が進むと、
人口が減っていくことになります。

現行のままだと、
人口が減るにしたがって、
税金の収入も減少していきます。

お金を出せなくなると、
日本の味方になってくれる国が、
どんどん減ります。

未来の政府が打つ手は、
増税するしかありません。

これから先、
収入が増えなければ、
手元に残るお金がなくなります。

その日暮らし状態になるかも?

このような生活が、
近い将来訪れるのです。

政府の方針は、
国の収入が減ってゆくから、
最低限しか保証しないと、
遠回りに言っています。

国民一人一人で、
投資や自分の能力を磨いて、
収入を増やして欲しいのです。

日本の未来が分かったら、
やることは1つだけです。

収入に直結する能力を身につけて、
家族の生活を守りましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

未来が分かれば、
あとは回避するだけです。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください