ゆるんだ門には福来る

こんばんは、滋野一義です。


30代のあなたは、
いろんなプレッシャーやストレスを
感じてませんか?

いっそのこと、
すべてを捨てて楽になっちゃい
ましょう。

30代といえば、
会社では中堅社員です。

上司からは、
仕事のプレッシャーがあり
後輩からは突き上げられて
職場で居心地悪くなってませんか?


家庭に帰れば、
奥さんのグチを聞かされ
ストレスを感じてませんか?

どこにいても、
あなたに安住の地なんかありません。

週末になると、
職場の同僚と飲みに行き
ストレス発散してますね。

同僚とグチの言い合い、
そして聞き合いになって
心の傷のなめ合いごっこを
してるはずです。


こんなことで、
あなたの心は本当に
癒やされたんでしょうか?

私はそう思いません。

飲み会で日頃溜まった
ストレスを発散しても、
プレッシャーやストレスの
根本原因をやっつけてません。

アルコールが入ってるので、
飲み会の時間は楽しく過ごせても
帰宅したり月曜日に会社に行けば
プレッシャーやストレスが
戻ってきます。


プレッシャーを解消するには、
あなたが上司に認められるような
仕事をしなければなりません。

家庭でのストレスには、
妻の不満を解消して機嫌よく
いてもらわなければなりません。

では、
どうやって実現すればいいんで
しょうか。

まずあなたが、
プレッシャーやストレスに強い
肉体と精神を手に入れる
必要があります。


あなたは、
会社で「今日も頑張るぞ!」と
力んでいるでしょう。

その力みを取っ払ちゃいましょう。

職場のイスにすわって、
全身の力を抜いてダラーと
してみてください。

そして、
仕事をするために必要とする
最小限の力だけを入れるんです。


どうですか、
日頃から必要以上に力んでたことが
実感できたと思います。

この最小限の力で、
これからずっと仕事をやってくん
です。

無駄な力が抜けると、
人間としての本来の能力が復活して
今まで気付かなかったことや
グッドアイデアが浮かんできます。

これが続くと、
質の高い仕事ができるようになり
上司から認められる存在になります。


家庭のストレスも同じです。

最低限の力で生活すれば、
疲労が激減して家族サービスも
精力的にできるようになります。

これを称して、
「ゆるんだ門には福来る」です。

現代人は力み過ぎているので、
人間本来もつ五感が正常に機能して
ません。


人間の五感がフル稼働すれば、
いろんな発見やひらめきがあり
自由な発想ができるんです。

身体が崩れる直前まで力を抜いて、
上司からのプレッシャーや
家庭でのストレスを断ち切り
ましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です