秋深し!隣は無知で墓穴掘る


こんばんは、滋野一義です。


春と並んで一番いい季節ですが、
隠れた落とし穴に注意が必要です。

今日は雨が降っていたので、
一日中寒いですね。

季節の変わり目は、
服のチョイスが難しいものです。

私は扁桃腺が弱いので、
すぐに風邪を引いてしまいます。

これからしばらく、
体調管理に気をつけましょう。

私の経験では、
肌寒いなと思うと遅いくらいです。

涼しいと感じたら、
長袖を着て体温を下げないように
心がけます。


すこし汗をかくくらいが、
ちょうど良く感じます。

厚着をするなら、
少し暑いくらいがおススメです。


身体の筋肉は、
寒いと伸びにくくなります。

反対に暑いと、
筋肉が伸びやすくなります。

どちらが筋肉に良いかといえば、
筋肉が伸びやすい方が、
良いに決まってます。


筋肉が伸びやすいと、
関節の可動範囲が広がるからです。


筋肉が伸びにくいのに、
激しい運動を繰り返すと、
どうなるでしょうか?


縮んでいる筋肉を、
ムリに伸ばすことになります。


ムリに伸ばしていると、
劣化した輪ゴムのように、
“プチッ”と筋繊維が切れてしまう
のです。


筋断裂したら、
いつも通りに動けなくなり、
生活に支障をきたします。


服を何枚か重ね着するとか、
長袖の服を着るようにして、
対策しましょう。


筋肉を冷やし過ぎないように、
注意が必要です。


体温を下げない努力が、
あなたの身を守るのです。


秋といえば、スポーツの秋です。


スポーツは、
身体に良いとも思ったら大間違い
です。


軽い運動程度なら、
健康増進にいいでしょう。


しかし、
激しい運動は正反対で、
命を縮めることになります。


有名な元スポーツ選手が、
100歳まで生きたという話を、
私は聞いたことがありません。


長く生きても、
日本人の平均年齢止まりでしょう。


どうして、
過激なスポーツをしている人は、
短命に終わるのでしょうか?


それは、
激しい運動が筋肉や骨に、
悪い影響を与えているからです。


筋肉をつけるには、
ウェイトトレーニングが有名です。


ダンベルなどを持ち、
筋肉に負荷をかけて筋繊維を
太くします。


ワザと筋繊維を切って、
再びつながることで、
切れた箇所を強化するため、
筋繊維が太くなるのです。


ワザと筋繊維を切る行為が、
自然の理にかなっていると思い
ますか?


スポーツが激しくなるほど、
筋肉や骨、身体中に、
ストレスをかけまくっているん
です。

ストレスの蓄積が、
人間の身体に良いはずが
ありません。

軽く汗をかくくらいの運動なら、
身体中に軽い刺激を与えます。

軽い運動で各部位が動くので、
血行が良くなって、
寿命を延ばす方向に働きます。


長生きしたかったら、
仙人を目指しましょう。

世界中の仙人を見れば、
みんな痩せていて、
筋肉隆々な人は誰もいません。

いつもゆったりと歩き、
座って修行しています。


世界の仙人の中には、
100歳を超える人が多く、
ゆったりと生活することが、
長寿の秘訣です。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたのためになる情報を、
毎日配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です