日本人のルーツ

こんばんは、滋野一義です。

あなたもご先祖さまを見習い、
言葉を使って成功をつかみましょう。

古来から日本では、
言葉を大切にしてきました。

「言葉に霊が宿る」と考え、
大事にしてきたのです。

言葉には力があります。

言葉を発すると、
聞いた人に勇気を与えたり、
失望を与えたりするからです。

元々日本人は、
自然の中や自分の身の回りにも、
神さまがいると信じてきました。

トイレにも、台所にも・・・

このように考える日本人だから、
言葉にも霊が宿ると考えても、
何の不思議もありません。

だからグチばかり喋っていると、
「貧乏神が来る」といって、
戒められます。

「言葉に霊が宿る」とは言わないが、
言葉に力があることは、
世界中で知られています。

世界で活躍するスポーツ選手たちも、
言葉の力を大いに活用しています。

現在おこなわれている
全仏オープンテニスでも、
それが見受けられます。

ゲーム中に、
選手が独り言をいっているのを、
見たことありませんか?

スポーツ選手のように、
勝負の世界で生きていると、
とてつもない不安に襲われることが
あります。

試合で絶対絶命の場面に直面すると、
選手はパニックになり、
本来の実力が出せなくなります。

選手たちは「私には出来る!」と、
自分に言い聞かせて、
100%の力を引き出します。

相手を罵っているのではなく、
あくまで自分を励ます言葉を
喋っています。

私が学んだ最先端のコーチングでも、
いい言葉を発することを
奨励しています。

常に前向きになれる言葉を、
リラックスしながら唱える手法を、
アファメーションと言います。

あなたが言葉に出す回数よりも、
頭の中で考えている回数の方が、
何百倍も多いのです。

それを、
日頃使う言葉から直していって、
遂にはあなたの考えを、
ポジティブ思考にもっていくのです。

アファメーションを、
日本式に考えるとどうでしょうか?

言葉に霊が宿った「言霊」を使って、
ポジテイブ思考にもっていくと、
考えればどうでしょう。

不思議なことに、
前向きな言葉で満たされると、
前向きな言葉しか喋れなくなります。

言葉の霊によるイリュージョンです。

人をけなしたりグチを言うことでも、
言葉に霊が宿ります。

悪い言葉には、貧乏神が宿ります。

その反対に、
前向きな言葉には、
成功の女神が宿ります。

あなたなら、
どちらの神が宿る言葉を発しますか?

私なら、
成功の女神が宿るいい言葉を
選びます。

前向きな言葉をいっぱい喋って、
ポジティブ思考になれば、
失敗を怖がらずに、
何でも挑戦できます。

そこから人生の歯車に狂いが生じて、
成功につながる道を見つけることが
できるようになります。

あなたも日本人なら言霊を信じて、
いい言葉をたくさん喋るように
心がけましょう。

PS:

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

言葉で未来を切り開きましょう。

私のメルマガを、
毎日あなたのお手元にお届けします。

こちらをクリックしてから、
ご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください