あなたを必要としない職場なんか辞めちゃえ!

こんばんは、滋野一義です。


あなたは職場で浮いてませんか?

戦力外になってるなら、
自ら環境を変えて必要としてくれる
職場に移籍しましょう。

プロ野球も終盤戦に突入して、
両リーグで優勝が決まりました。

その一方で、
来季に必要とされない選手達が、
球団から戦力外通告を受けます。


戦力外通告を受けた選手は、
そのまま引退するか、
または他の球団で現役の続行するか
の2択になります。

まだやれると感じれば、
トライアウトという選手の品評会に
参加して他球団から声のかかるのを
待ちます。

戦力外通告された選手は、
全員がダメな選手ではないんです。

他球団に移籍した選手が、
開幕から一軍で活躍するなんてことは
ざらにあります。


今のチームの方針が、
戦力外通告された選手に
合わなかったんです。

チームによって特徴が違うので、
まだ十分活躍できる場所があります。

これは、
プロ野球選手だけの話では
ありません。

サラリーマンのあなたにだって、
あてはまります。


職場で嫌味やパワハラされるなら、
職場で戦力として認められてない
証拠です。

そんな職場に、
定年まで耐えて残るなんて
ナンセンスです。

戦力外通告された選手のように、
他の職場に移籍しちゃいましょう。

必ずあなたを必要としている職場が、
日本のどこかにあるはずです。


戦力外扱いで虐げられてるよりも、
必要とされる方がいいに決まって
ます。

どんなに給料が良くても、
やり甲斐に勝るものはありません。

あなたは、
野球選手のように野球しか選べない
環境ではありません。

あなたの方が、
はるかに選べる選択肢が多いのです。


専門職にこだわらずに、
他の業種にチャレンジすれば、
あなたの選択肢は無限にあります。

そう考えると、
転職する不安や恐怖はなくなります。

清水の舞台から飛び降りるように、
えいっと会社に辞表を出しましょう。

私も経験ありますが、
なんだか自分が自由になった気分に
なります。


どうしてもっと早く、
会社に辞表を出さなかったんだろうと
後悔しました。

決断は素早く下すことが、
これから求められるスキルなので、
辞めるときもスパッと
決断しましょう。

昔からの日本人の常識とされた
定年まで勤めあげるという考えは、
年功序列制の崩壊によって
吹き飛びました。

しかし、
長年言い続けられたことで、
潜在意識に刻まれているため
会社を辞めることに大きな抵抗を
感じます。


しかし現在は、
アメリカのように会社を渡り歩いて
キャリアアップしていく
時代になりました。

嫌々仕事をやってることは、
会社にとってもあなたにとっても
マイナスであり決してプラスに
なりません。

早速、
会社帰りに書店によって
辞表の正しい書き方の本を購入して
ください。

自由を手に入れられると、
心が晴れ晴れして活力がみなぎる
ことでしょう。


あなたは今、
人生の岐路に立ってます。

これでも行動できないなら、
成功することは諦めてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です