ゴーゴー!フューチャー


こんばんは、滋野一義です。


今こそあなたが、
チェンジする番です。

世の中には、
老舗と呼ばれるお店があります。

江戸時代から続いているお店も、
珍しくありません。

江戸時代と言わなくても、
昭和から続くお店も多数あります。

同じ家業を続けるのは、
苦労が絶えなかった事でしょう。


私たちは老舗に対して、
現在まで生き延びてきた事に、
尊敬の念を持ちます。

老舗が生き延びてきたのは、
高い品質を維持してきたからです。

「安くて早い」を企業理念にしても、
長続きしません。

あの吉野家でも、
過去に倒産を経験しています。


昔ながらの方法で生き残れるのは、
とても大変なことなんです。

人間国宝がつくる商品だったり、
業界のトップにいないと、
経営は難しいはずです。

昔ながらで勝負できるお店は、
日本全体の10%くらいでしょう。

昔ながらで勝負できないお店は、
どうやって生き残ってきた
のでしょうか?


時代の移り変わりによって、
生活や環境も変わります。

例えば江戸時代を考えると、
ヘアースタイルはちょんまげ、
服は着物でした。

今のヘアースタイルは、
個人の趣味でアレンジ自由です。

服も洋服に変わって、
着物を着ることが、
ほとんどありません。


呉服屋さんは今もありますが、
着物だけで勝負しても、
現在では限界があります。

売上を維持するために、
マジップテープの付いた、
着やすい着物も売っています。

さらに、
着物の生地で洋服をつくったりと、
時代に合わせた商品の開発をします。

時代に乗り遅れたら、
そのお店はジ・エンドです。


このような努力があるから、
老舗として生き残ってきたのです。

時代の波に乗るのは、
お店ばかりではありません。

あなたの会社も、
まったく同じです。

あなたの会社が、
倒産せずに数十年も続いているなら、
紹介してきた老舗と同じです。


あなたの会社も創業当時の商品を、
まだ売っているとは思えません。

時代に合うように、
いくつもの商品を開発してきた
はずです。

天下のパナソニックも、
あなたの会社と同じです。

松下幸之助さんが、
二股ソケットを開発して、
松下電器をつくったのです。


現在のパナソニックでは、
創業当時の二股ソケットを、
もう作っていません。

自宅に備えつけの照明が、
蛍光灯やLEDの時代です。

はだか電球を使う家が、
もうないのです。

今は家電、パソコンなど、
パナソニックは多岐にわたって、
品揃えしています。


あなたの会社も、
パナソニックと同じはず。

廃れた商品をつくり続けても、
在庫をかかえて赤字の山です。

未来を予測しながら、
これから先でも売れ続ける商品を、
販売しないと倒産します。

会社も未来に向かって、
日々進化しているのです。


現代のスピードは江戸時代と違って、
あっという間に過ぎます。


「光陰矢のごとし」と言うように、
江戸時代のスピードが各駅停車なら、
現代のスピードは新幹線です。


さらに未来へいくと、
スピードがリニアモーターカー並に、
加速していく事でしょう。


会社も日々進化しないと、
時代に取り残されて、
あっという間に倒産します。


日々進化することは、
会社やお店ばかりではありません。


あなた自身も同じです。


「今のままでいいや」は、
現状維持だと考えがちです。


しかし現実では、
現状維持に留まらずに、
後退していくのです。


人間の本来あるべき姿は、
進化を続けることです。


類人猿から人間に進化したように、
現代人も未来人に進化しなければ、
自然に淘汰されます。


あなたのDNAが、
進化の途中で途絶えるのです。


失敗を恐れている暇があるなら、
未来を見据えながら前進して、
進化を続けましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが進化できるように、
私が軍資金を提供します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です