真理に表裏あり


こんばんは、滋野一義です。


あなたの常識は、
私の非常識なんです。

今年は残暑も関係なく、
すっかり秋らしくなりました。

昼間も少し肌寒さを感じますが、
夜になるとさらに寒さを感じます。


昼間は半袖シャツでも良いけれど、
夜は寒くて震え上がるほどです。

最近は夜のドライブが増え、
昼間と夜の寒暖差を実感してます。

今頃は、
運動会のシーズンでしょうか?

私は未婚で子供がいないので、
数十年以上ご無沙汰です。


学校の運動会では、
親が参加する種目があります。

子供の手前、
無様な格好ができないので、
テンション上げて参加しませんか?

IT技術の進歩によって、
サラリーマンはデスクワークが
増えています。

一日中イスに座っていることも、
珍しくありません。


残業が日課になっていると、
自分の足であるく距離も、
自然と減ってしまいます。

気が付くと筋力が衰えて、
身体が前と左右に膨張している
はずです。

運動不足を絵に書いたような人が、
運動会の会場にゴロゴロいます。


極端なことを言えば、
石を投げれば運動不足の親に
当たります。


こんな状態の親が、
子供に良いところを見せようと、
力んでしまうと・・・


筋肉痛になるのは定番ですが、
肉離れを起こしたり、
アキレス腱を切ることになります。


アキレス腱を切ってしまうと、
足にギブスをして松葉杖を使う
ことになります。


痛々しい状態で、
通勤することになるのです。


アキレス腱がつながるまで、
この状態のままで生活することに
なります。


こんな状態になったのは、
日頃の運動不足が原因だと、
嘆き悲しめばいいのでしょうか?


日頃から運動していれば、
こんな悲惨なこととは無縁のはず
です。


運動不足は、
”社会人の証なのでしょうがない”
と諦めていませんか?


私は、そんな考え方をしません。


私なら、
歳を重ねるごとに進化できると
考えています。


肉体的にも精神的にも、
歳を重ねるごとに進化すると
信じています。


“私は老いるはずがない!”と、
数年前から老化現象と、
キッパリと決別しているのです。


さらに今年の春から、
“花粉症も克服した”ことに
しました。


これによって、
今までほとんど運動しないけれど、
健康そのものです。


あなたは、
病気の原因は何だと思いますか?

認知科学から病気を考えると、
実は自分の脳が病気をつくって
いるんです。

あなたの考え方次第で、
どうにでもなるんです。


もしも明日、
大事な商談が控えているとしたら、
どうでしょうか?

その商談相手と反りが合わなくて、
犬猿の仲だとします。

イヤだなと思っていると、
お腹が痛くなったり、
頭痛が酷くなったりします。

これは無意識的に、
商談相手に会うのをイヤがるから
起こる現象です。


イヤがっているのを、
脳はストレスと感じて、
ストレスを解消しようとします。

それが結果的に、
病気につながります。

気を病むと脳が病気をつくるなら、
逆のこともできるはずです。


脳が病気をつくれるなら、
それを逆手に取ればいいだけです。

毎日健康で暮らせると思えば、
病気知らずの健康体で生活できる
ようになります。

“自分は健康で元気だ!”と、
信じて疑わなければ、
老化現象を止めることができるので
実践してみましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


常識を疑ってもらえるように、
情報を発信しています。

よろしければ、
もちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です